FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

两位琉球独立运动活动家·松岛泰胜和佐藤优

中国のネットニュースに次のような記事が掲載されていましたので、ご紹介します。「两位琉球独立运动活动家·松岛泰胜和佐藤优」
続きは実際のHPから読んで下さい。

冲绳县的‘琉球独立运动在冲绳已经不是什么秘密,有众多团体和个人公开地呼吁和推进琉球独立,甚至可以用大张旗鼓来形容。在这里向读者着重介绍两位热衷于从事琉球独立运动的精英松岛泰胜和佐藤优,通过对这两位的了解,也可让我们对琉球独立运动有一个初步把握。

   说松岛和佐藤是精英是因为俩人都曾做过日本的外交官,佐藤毕业于京都同志社大学神学院研究生院,而松岛毕业于早稻田大学,获经济学博士学位。

   松岛1963年出生于冲绳的离岛石垣岛,在东南大岛·与那国岛和冲绳岛上成长。38岁之前,松岛主要精力放在求学上,直到2001年才在早稻田研究生院取得经济学博士学位。不过从1997年5月开始,他就职于日本驻关岛领事馆,任专门调查员两年,其后有转任驻帕劳日本总领事馆的同样职位。之后,松岛离开日本外务省,去了大学教书,现在是龙谷大学经济学系教授,同时,从3013年5月起还兼任‘琉球民族独立综合研究学会共同代表。

   琉球民族独立综合研究学会的宗旨就是---为-最终获得琉球独立而进行理论·方法和路线图的研究。
   松岛今年7月14号出版了《琉球独立论》一书,为琉球的独立推波助澜。该书从历史与现状探讨了琉球独立的合理性,及可能的路径。他在书中指出,琉球已经不是中央政府对地方自治的问题,而是已经到了建构琉球独立的框架,探讨与日本关系的时候了。

  以下是该书的一些要点:(完全不把自己当日本人)
  。日本人的琉球知识少得可怜,他们完全不了解琉球与日本的不同。
  。琉球人具有独立的历史·文化·和国家意识,是一个被日美殖民榨取血汗的苦难民 族。日本对琉球人正在实施国际犯罪。琉球是一个被日本的暴力和贪婪所控制的 地方。

  。日本扑灭了琉球的语言,使冲绳经济崩溃,岛民穷困。
  。同化加歧视,日本的琉球意识形态。
  。在二战末期,日美两军都残杀琉球人民。日本为了延缓决战,把冲绳抛弃了。

  。美国把琉球归还给日本无视国际法,想当然地把琉球交给日本。
  。日本以回归之名再次合并了琉球。
  。琉球国家意识是不要美军基地,也不要日本的辅助金,只要琉球的独立 !

  。总之,军队离开就不会有战争,琉球和日本都会得到和平。
(続く)

http://grass.chinaiiss.com/html/201412/1/wa1701d.html
スポンサーサイト

<< 琉球独立のために国際的ネットワークを構築する | ホーム | ことばの政治社会学 >>


コメント

質問です

松島先生
いつも楽しく拝見しております。少し心配なことがあります。
沖縄が独立をするとして、通貨はどうするのでしょうか?
松島先生はよくスコットランドとパラオを引き合いに出されますが、スコットランドは独立してもユーロを使えません、パラオはUSドルです(しかもアメリカとの自由盟約連合)。
琉球の場合はどうされますか?経済学がご専門の観点からぜひ教えてください。
独自通貨の発行をして通貨の暴落はしないのでしょうか?
素朴な疑問です。




コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP