FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球人派遣労働問題

9月7日の沖縄タイムスに琉球人の派遣労働問題についての記事がありましたので、掲載いたします。琉球の低賃金構造、高失業状態が日本への労働力流出を生んでおり、日本企業にだまされないために琉球人自身がもっと声をあげるべきたと思います。






愛知県のトヨタ系列の自動車部品工場で派遣労働をしていた県出身の當銘直次郎さん(30)が六日、名古屋女性会館で、派遣労働問題について語った。

當銘さんは、求人広告の表示より大幅に安い賃金で働かされ、違法に解雇されたとして、同県内の派遣会社と派遣先を提訴している。低賃金、高失業率の沖縄の現状の中で、県出身者の被害が拡大している状況を、自らの体験を交え訴えた。

 ATU(全トヨタ労組)をサポートする市民の会が主催した「トヨタ連続労働講座」の一回目。関係者ら約六十人が参加した。當銘さんを支援する中谷雄二弁護士、ATUの近森泰彦特別執行委員の三人がパネリストとして話した。

 當銘さんは「月収三十一万円以上可」「賞与三十万円以上」などの広告を見て応募、二〇〇七年に妻と当時四歳の子どもと共に愛知県へ渡り、夫婦で自動車部品工場に派遣されたが、実際の手取りは一人十数万円だった。

また、當銘さんの妻(30)は、風邪をひいた子どもの看病で四、五日休んだことを理由に解雇されたという。

 當銘さんは管理職ユニオン東海に加入し声を上げ続ける一方、同執行委員として労働者の相談にも乗る。

複数の人材派遣会社と団体交渉を持つ中で「沖縄は人が集めやすい」「愛知で時給千二百円だと人は集まらないが、沖縄なら飛びつく」などと言われたという。

 沖縄にいたころは正社員でも低賃金。共働きでもゆとりがなく、何とか暮らしを立て直そうと派遣労働に応募した。

當銘さんは「借金を抱えている人は多く、高給をうたった県外派遣の広告に目を引かれる」と、構造的な地域格差を指摘した。

スポンサーサイト



<< 座間味村での断水 | ホーム | パラオ共和国から帰ってきました >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP