FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

座間味村での断水

9月4日の琉球新報に座間味村での断水についての記事が掲載されていましたので、お伝えします。

面積が狭い島嶼では、雨が降らず、観光客による需要が多くなると、当然、水が不足して、断水という事態に陥りがちになります。島嶼における水問題は観光客が増えるにつれて今後さらに深刻になるでしょう。適切な観光規模を島嶼側から提示していくべきではないでしょうか。





4月から少雨傾向が続く座間味村(仲村三雄村長)は3日、座間味ダムの貯水率が50%を下回り、阿嘉島のウタハダムも0%となったため、10日から村内全域で午後8時から翌午前8時まで12時間の給水制限を決めた。

同村での給水制限は7年連続。4日現在の座間味ダムの貯水率は46%。13日から15日の3連休は観光客の増加が見込まれるため、24時間給水する。

 今年は台風の到来がなく、水事情が悪化。その上、夏休み期間中の観光客数は例年以上で、水の使用量も増加した。村内の2カ所から地下水をくみ上げるなど対策を取ってきたが、到底間に合わない状況。

阿嘉島、慶留間島では、ウタハダムと取水ぜきが2カ所にあるが、ウタハダムは完全に水がなくなり、他の小さな取水ぜきに頼っている。同村は3日、給水制限の実施を住民や事業所に連絡した。

スポンサーサイト



<< 東御廻りという琉球固有の信仰活動 | ホーム | 琉球人派遣労働問題 >>


コメント

今度の台風で

こんどの台風。被害が大きくては困りますが、雨をもたらしてくれるといいですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP