FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

東御廻りという琉球固有の信仰活動

琉球王国時代から現在まで続く、東御廻りについての記事が、9月4日の沖縄タイムスに掲載されていましたので、お伝えします。現在でもユタをともなって東御廻りをしている人々を見ることができます。

沖縄島南部の教育委員会も琉球独自の儀礼、信仰に関心をもっており、これをきっかけにして、子供たちも地域独自の文化を大切にする心を培うことができればと思います。

私も沖縄島に住んでいたころ家族とユタと一緒に御廻りをしたことがあります。神秘的な経験でした。




南城市、那覇市、与那原町の各教育委員会の関係者らが二日、南城市役所大里庁舎で会見し、「東御廻り」の巡拝コースがある三市町が拝所の活用に向けて、広域連携を図っていくことを発表した。

 東御廻りは、琉球国王や王国の最高神職の聞得大君が、首里から大里(現与那原町含む)、佐敷、知念、玉城の東方の各拝所を回り、国の豊穣や安寧を願った巡拝行事。

 南城市は二〇〇七年から市内にある東御廻りの各拝所で、見学者に分かりやすいよう工夫した説明版や誘導版を設置したほか、統一シンボルマークを張り付けた。

 三市町の連携を受け八月末に、東御廻りの出発点となる那覇市の園比屋武御嶽や、与那原町の御殿山、親川の三カ所にも、統一シンボルマークを張り付け、巡拝コース全体の統一感の醸成を図った。

 誘導版やシンボルマーク整備では、ふるさと財団の「地域再生マネージャー事業」の助成を活用した。

 会見で与那原町教育委員会生涯学習振興課の辺土名彬課長は「東御廻りをどう生かすのか、ずっと町民も関心を寄せてきた。今後の有効利用に弾みがつく」。那覇市教育委員会文化財課の徳嶺克志主幹は「多くの人が東御廻りに興味を抱き、拝所を訪ねるきっかけになる」と期待を寄せた。

 今後三市町は、東御廻りの歴史的価値を生かしたイベントの開催などを計画する。
スポンサーサイト



<< 宮古、八重山諸島に台風が襲来 | ホーム | 座間味村での断水 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP