FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『琉球独立論』朝日掲載書評が“刺激的”

拙書『琉球独立論』について書いて下さった柄谷さんの書評が産經新聞文化部記者から注目されているようです。ご参考までに。



【文化部記者が選ぶベスト3】
書評 「沖縄は独立して当然」後押しして、危うさも突く 『琉球独立論』朝日掲載書評が“刺激的”


『ガルパンの秘密』(先行初回限定版)。この書評が月刊「正論」に掲載されたのには驚かされた
 読書面で本の紹介を担当していることもあり、自社媒体のみならず他紙や月刊誌の書評にもなるべく目を通すようにしている。この1年を振り返って「これは!」と驚かされた書評記事を紹介したい。(溝上健良)

■仰天書評の本当の狙いは…

 今年もっとも刺激的だったのは9月21日、朝日新聞に掲載された『琉球独立論 琉球民族のマニフェスト』(松島泰勝著・バジリコ)の書評だった。評者は哲学者の柄谷行人氏。9月18日にスコットランドの独立投票が行われ、独立反対が過半数との結果で一件落着したが、その直後の日曜日という絶妙なタイミングでの掲載だった。柄谷氏は《なぜスコットランドが独立を望むのか、私にもよく事情が理解できない》とした上で、《しかし、むしろそれ以上に理解しがたいのは、琉球が日本から独立しないでいることである》と述べている。

 スコットランドが連合王国に加わったのは1707年ですでに300年が経過している。それに対して、琉球(沖縄)ももともと独立した王国であり、琉球藩が設置されたのは明治になってからで《はっきりと日本に領有されたのは、日清戦争後である》、つまり琉球が日本の一部となってからわずか100年余りしかたっていない、というわけだ。

 さらにその後も琉球人は差別され、先の大戦では戦場となり、本土に復帰した後も日本の米軍基地の大部分が置かれている。それゆえ《あからさまに「植民地」の状態に置かれてきた琉球の人たちが、独立を考えたとしても当然である》と、柄谷氏は主張する。

 この書評には続きがある。柄谷氏は沖縄に対してもクギを刺す。いわく《歴史的に、沖縄本島に生まれた王国は、奄美、八重山などの諸島を武力で併合し搾取してきた。薩摩藩あるいは日本国家と同じようなことをやってきたのだ》。仮に沖縄が日本から独立した場合、八重山諸島もまた沖縄本島から独立してしかるべきだ、ということになりかねない、というわけだ。

そして、いざ独立したところで、その独立を保つことができるかどうかも大問題だ。著者の松島氏は独立後、非武装で中立を保つことを志向しているようだが、それは現実的な話なのか。柄谷氏の書評は一見、沖縄独立を全力で後押ししているかと思わせてその実、沖縄独立の危うさも突いている。
スポンサーサイト

<< 今年の3点 | ホーム | 龍谷大学の新校舎に雄勝の硯石が使われ、嬉しいです >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP