FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

愛媛新聞の琉球独立論

2014年12月26日(金)の愛媛新聞に次のようなコラム記事が掲載されました。

琉球独立

 かつての琉球王国、沖縄。訪れるたびに魅力が増す。固有の生物はむろん、本土と異なる歴史や文化に身を浸す。空気さえ異次元の空間で組成されているかのよう▲

 南国の濃厚な気配が香る地方都市で、とある居酒屋に入った。愛媛からの来客にと、常連さんが泡盛を差し入れてくれる。職業柄、沖縄戦や基地問題について聞く。多様な意見に、うなずく。勢いで「琉球独立論」に触れたが、場は動かず▲

 多くの県民にとっては「居酒屋談議」ですらない。しかし「琉球民族独立総合研究学会」を創設した龍谷大の松島泰勝教授は言う。「独立を前提に学術的に国家像を研究している」と。スコットランド独立の是非を問う住民投票も視察した▲

 独立論は、明治政府の「琉球処分」以来の古い歴史を持つ。1972年の本土復帰前にも「日本は祖国でない」と訴える運動があったが、波及は限定された。いまも、傍流思想としての批判は根強い▲

 半面、基地問題をめぐる政府への視線は厳しい。先の衆院選では4小選挙区全てで、米軍普天間飛行場の辺野古移設に反対した候補が当選した。沖縄の民意。なのに国は、振興予算減額をちらつかせ圧力を強める。これが、日本の民主主義▲

 かつて県幹部は「国ができないのなら沖縄が安全保障の在り方を米側に提案する」と吐露した。沖縄は、いつまで本土の捨て石であり続けるのか、と。このままだと、独立論が現実味を帯びる。
スポンサーサイト

<< 韓国と琉球の武術 | ホーム | 自らの学問によってたつ、自立した研究者へ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP