FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

石垣島の廃車問題

昨日の琉球新報に石垣島の廃車問題についての記事が掲載されていましたので、お伝えします。
閉鎖空間である島嶼における廃車処分は大変な問題です。車社会を今後も続けていくのか、新たな交通体系、交通手段を構築するかが問われています。




福岡県の自動車引き取り業登録業者が借りた石垣市新港地区の土地に、自動車リサイクル法違反の状態で自動車が大量に野積みされている。

県自動車リサイクル協同組合(金城永憲支部長)は8月10日に八重山福祉保健所に情報提供をしたが、「1カ月近くも状況が改善されない」として8日、同保健所に状況を放置していることについて質問状を提出した。

 2005年施行の自動車リサイクル法で、各都道府県知事から引き取り業の許可を受けた業者は、使用済みの車を引き取ってから3日以内に自動車リサイクル促進センターに引き取り報告し、その後30日以内にフロン回収業者へ引き渡して報告を行うことが義務付けられている。

車はフロンの適正処理を行った後、解体業者、破砕業者へ渡る。

 同支部の指摘によると、新港地区に野積みされている車はフロン未回収のまま破砕されていたり、引き取ってから30日以上放置しており、適正な引き取り状態で保管されていない。また冷却液やバッテリー液が漏れて地面に染み込むなど環境汚染も心配される。

 八重山福祉保健所は8月に同支部から情報を寄せられた後、新港地区を管理する石垣市港湾課に同場所の使用許可申請内容を照会。

県へ引き取り業の登録をしている福岡の業者と判明し、電話で「保管の仕方に気を付けるように」と一度指導を行ったという。

 だが1カ月近くたってさらに車が増えていたため、同支部は今月8日に再度保健所を訪れ、質問状を提出。

「もうけばかりで石垣島の自然も考えていない業者をほっておくからこうなる。これでは厳しい規定を守っているまじめな業者がばかをみる」と憂慮する。

 保健所は質問状に対しては文書で回答するといい、琉球新報社の取材に対し、「もともとつぶれた車を回収してきたのか、故意につぶしたのかもまだ分からない状況。調査を行っていきたい」と話している。
スポンサーサイト



<< 与論島でキビ旱魃が深刻に | ホーム | 与那国島での自衛隊誘致の動き >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP