FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

与論島でキビ旱魃が深刻に

今月7日の南海日日新聞に与論島でのキビ旱魃が深刻になっているとの記事が掲載されておりましたので、お伝えします。現在北上している台風によって雨がもたらされたらと思います。与論島クオリアの喜山さんもご心配のことと思います。




 南北二百キロに連なる奄美群島で、基幹作物サトウキビの生育状況に極端な差が出ている。奄美大島、喜界島は豊作だった二〇〇七年産並みで、徳之島、沖永良部島は平年以上。

最南端の与論島では記録的な不作となった〇六年産に近い干ばつ被害に見舞われており、糖業関係者は頭を抱えている。

 今年は各島とも空梅雨ぎみで、梅雨明け以降も雨の少ない日が続き、八月初旬から中旬にかけては干ばつ傾向がみられた。その後、大気の不安定な天候が続いて断続的に雨雲が通過。北部を中心に慈雨に恵まれた。

 各島の糖業関係者によると、沖永良部以北の干ばつは解消された。奄美大島は「品種更新の影響もあるが平均伸長は前期を上回っている」(富国製糖)。

喜界島は「降水量は平年以下で推移しているが生育は順調。伸長は前期並み」(生和糖業)。

徳之島は「前年水準を上回る伸長の品種もある」(南西糖業)。

沖永良部島は「主産地の北部と南西部の生育が順調で、全体としては平年以上」(和泊、知名両町担当課)。
 
一方、与論島は干ばつ傾向が強まっている。「春植えの伸長が悪い。雨が降る日はあっても水分の蒸発に追い付かない。

畑の様子は〇六年産に比べれば見られる程度」(与論島製糖)。「全体としては〇六年産よりは少しいいと思うが、耕土の浅い畑ではロール現象が出ている。最終的な収量が心配だ」(町担当課)。

 与論島の降水量は七月二四ミリ(平年一三九・五ミリ)、八月七二ミリ(同一六一・二ミリ)で平年の二―四割。

これは十アール当たり単収が平年の七割以下とどまった〇六年産の同時期降水量(七月五八ミリ、八月一二八ミリ)も下回っている。

 町の担当者は「〇六年産の状況よりいいのは農家の散水効果だろう。しかし、ため池の水の残量が乏しくなっている。

キビの夏植えや秋以降の野菜生産、畜産用の飼料栽培にも影響が及びそうだ。まとまった雨がほしい」と話した。

スポンサーサイト



<< 干刈あがたさんの追悼集会 | ホーム | 石垣島の廃車問題 >>


コメント

台風が運んでくれたら

言及ありがとうございます。

13号、被害は困りますが、雨を運んでくれるといいなと思っています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ロール現象

 松島さんの「NPO法人ゆいまーる琉球の自治」で、南海日日新聞の記事が紹介されて


 BLOG TOP