FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『「慰安婦」問題と戦時性暴力』

高良沙哉さんの『「慰安婦」問題と戦時性暴力』法律文化社を頂戴しました。心よりお礼申し上げます。私は昨年、韓国に行き、ナヌムの家に行き、戦時性暴力の問題を考えました。本書は、日本社会が歴史から目を背けないために読まれるべき本です。多くの方が読んで下さいますよう、心を込めてご推薦申し上げます。
本書の概要と目次は次の通りです。

日本の植民地支配との関係、裁判所・民衆法廷が事実認定した被害者・加害者証言の内容、諸外国の類似事例との比較から、被害実態と責任の所在を検討。戦時性暴力の視座から単なる「強制の有無」の問題にとどまらず「制度」の問題であることを強調。

目次 : 序章 軍隊と性暴力―問題の所在と本書の構成/ 第1章 軍人の性暴力は軍隊の構造的暴力か/ 第2章 いわゆる「慰安婦」に対する軍隊の性暴力/ 第3章 「慰安婦」訴訟―日本の裁判所と民衆法廷/ 第4章 第二次世界大戦後の軍隊と性暴力/ 終章 構造的暴力としての軍隊の性暴力―日本社会が向き合うために

高良さんは、琉球の平和や独立についても研究され、声を上げており、これからのご活躍が期待されている新進気鋭の学者です。

http://www.amazon.co.jp/「慰安婦」問題と戦時性暴力-軍隊による性暴力の責任を問う-高良-沙哉/dp/458903641X
スポンサーサイト



<< 無葉会での議論 | ホーム | 研究者としての自立 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP