FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

自らの足下を見直すヒントを得て、人として生きる勇気を頂ける

今日は龍谷大学の学生10名とパラオ共和国に行きます。1994年にアメリカから独立したパラオは約20年間、特に大きな問題もなく2万人の人口で国として存在してきました。

その独自な環境政策、エコツーリズム、日本を初めとする諸外国との関係、パラオ人若者の意識、戦争の歴史、元大統領が考える20年のパラオ共和国の歩み等を、自らの体と心を通じて、学生さんたちとともに、パラオやパラオ人から学びたいと思います。

そこから私たちは自らの足下を見直すヒントを得て、人として生きる勇気を頂けるのではないでしょうか。パラオの温かい空気を吸い、しっかりした土地を踏みしめることができるのが楽しみです。
スポンサーサイト

<< 南洋神社 | ホーム | ACSILs demands an apology for annexation of Ryukyu, calling it a “Violation of International Law” >>


コメント

琉球には未だ国旗はないけれど

国旗ない分ウチナンチュは、柔軟性とマブイ文化の様に、何か物事を掘り下げる姿勢がある。
それは、残念ながら、今の琉球の現状からすれば、反対に仇になっている要素に繋がっている様ににも感じる。
実は、私たち琉球人=ウチナンチュの良さも、そこにある。
国旗は、物質である。 逆手にとれることも、したたかさなのではないか?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP