FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

干刈あがたさんの追悼集会

今月7日の南海日日新聞に干刈あがたさんの追悼集会についての記事が掲載されておりましたので、お伝えします。
昨年1月に、新宿歌舞伎町にあったカンジャヤーで前利さん、持田さん、西さん、吉田さんたちと飲んでいた際に、同席していたのが、干刈あがたさんの文学同好会の方々でした。おそらくその方々も追悼集会に参加されたのではないでしょうか。懐かしく思い出されます。
カンジャヤーは現在、琉琴に名前を変えて熊ちゃんが店主として頑張っています。





両親が和泊町出身で、社会や家族など女性の視点から鋭く描いた作品を多く残して逝った作家、干刈(ひかり)あがたさんの追悼集会・コスモス忌(十七回忌)が六日、東京・青梅市であった。

参加者は墓参・法要やトーク、沖永良部島の島唄などで故人をしのんだ。主催したコスモス会(与那覇恵子代表)は、十七回忌行事の一環として、干刈さんの小説やエッセーなど約三十冊を近く、和泊町に寄贈する予定だ。
 
干刈さんの命日、九月六日は関係者らによって、本人の好きな花であり、最後の小説の題名ともなった「名残のコスモス」からコスモス忌と命名。毎年、この日を挟んで追悼行事が催されている。

 今年も小学校の同級生をはじめ大勢の干刈ファンが遠くからも参加。薄紅のコスモスが飾られた宗建寺の墓前で焼香し、手を合わせた後、客殿で法要。

この後、会場を移し、出版社の編集者らによるトーク、在京の唄者、持田明美さんと宋統一郎さんの沖永良部島の島唄、懇親会などで、在りし日の干刈さんをしのんだ。同会の毛利悦子事務局長は「年を経るごとに新しいファンが参加してくれている」と話した。

 同会の与那覇代表の記した「干刈あがた年譜・著書目録」によると、干刈さんは本名・浅井和枝、旧姓・柳。父・納富さん(元警察官)、母・アイさんの長女として一九四三年(昭和十八年)青梅市に生まれた。小学校四年生の三学期から杉並区に転居。都立富士高校から早稲田大学中退。 

 その後、紆余(うよ)曲折を経て八二年に、奄美の日本復帰が実現した時の奄美出身者らの様子なども織り込んだ「樹下の家族」で第一回「海燕」新人文学賞を受賞。九二年九月六日に胃がんのため、四十九歳で死去。この間、「ウホッホ探検隊」「黄色い髪」など約三十冊の著書を出した。

 島尾敏雄さんの呼び掛けでつくられた奄美郷土研究会の会員であり、島唄の採集にも熱心だった。「干刈」は「光」の替え字。「あがた」は「県」で、中央に対する周辺の意味という。

 干刈さんの遺品や直筆原稿を陳列した「追悼展示会」が、同市内の昭和レトロ商品博物館(二十一日まで)と青梅市中央図書館(十五日まで)で開催中。
スポンサーサイト



<< 『 アフリカと政治 紛争と貧困とジェンダー』のご紹介 | ホーム | 与論島でキビ旱魃が深刻に >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP