FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

与那国島の台風被害

17日の八重山毎日新聞に与那国島の台風被害についての記事がありましたので、お伝えします。与那国島は私が育った島の一つであり、調査などでも何度か訪ねた島でもあり、心を痛めています。






県八重山支庁が16日午後3時30分現在でまとめた台風13号の被害状況は被害総額が4億9128万円。このうち記録的な豪雨があった与那国町の被害額が3億122万円と全体の61%を占めた。

同町では、住家2棟が全壊したほか、半壊5棟、一部損壊56棟。床上浸水31棟、床下浸水25棟が発生するなど、民家に大きな被害が出ている。

 また、同町で倉庫6棟が全半壊。同町と竹富町で倉庫や店舗、公共施設の1部損壊が13件あった。
 

このほか、同町の観光名所であるサンニヌ台展望台近くの土砂が大規模に崩壊し、1億5000万円の被害が出たほか、帆安線、新川線等の法面(のりめん)崩壊や県道216号線などの道路決壊、与那国嵩農道等の決壊などの公共土木で1億2800万円余の被害が出ている。

 電話回線の不通が同町久部良の約200回線のほか、全体で700回線(申告件数)が不通になっている。波照間の約80回線は復旧した。

 NTT西日本沖縄支店では、15日から本島からの支援を増員。総勢110人、工事車両約50台体制で復旧に取り組んでいる。

 3市町の被害額は石垣市1億3489万円、竹富町5516万円、与那国町3億122万円となっている。
スポンサーサイト



<< 恩納村山田エイサー50年ぶりの復活 | ホーム | 『 アフリカと政治 紛争と貧困とジェンダー』のご紹介 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP