FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

恩納村山田エイサー50年ぶりの復活

9月19日の琉球新報に山田エイサーの復活についての記事がありましたので、お伝えします。特に
70代のお年寄りが地域の文化を後世に残したいという意思から50年ぶりにエイサーを復活したことが、大変、感銘しました。地域の文化が自治の核になると思います。
年齢に関係なく、地域を愛する人々がまず実践を始めることが重要だということを教えてくれます。




恩納村山田区(比嘉茂区長)の「8月十五夜あしび」が14日、同区公民館前広場で開かれた。ことしは老人会(村吉政一会長)の協力で山田エイサーが50年ぶりに復活した。

70歳以上のお年寄り30数人が力強く華麗な踊りを披露し、会場に集まった250人の観客の喝采(かっさい)を浴びていた。

 山田エイサーは長い歴史があり、華やかさと活気で評判が高かった。「伝統ある芸能を復活させ、後世に残したい」との思いから、久場朝信さん(71)が三線、名城栄進さん(73)が太鼓、又吉繁雄さん(75)が踊り・太鼓の指導をするなど、数週間かけて準備を進めてきた。

 十五夜の祭りは、獅子舞で幕開け。山田の獅子は雄で、雌は名嘉真区にあり、恩納村の南北に分かれて舞われているという。山田区民1100人のうち、65歳以上は230人。

この日はお年寄りが元気に活躍する「敬老の日」となった。
スポンサーサイト



<< 黒川洋一さんについて | ホーム | 与那国島の台風被害 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP