FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

島の文化

9月20日の八重山毎日新聞に「島の文化をみすえて」と題するコラムが掲載されていましたので、お伝えします。八重山諸島には豊かな文化が生きており、それらの文化を大切に守り育てることが生活の豊かさにもつながります。私も島々の祭り、歌や踊りを見て本当に島々ごとに強い個性を知ることができ、島が生きていると実感してきました。





■竹富町
 島国である沖縄の中でも多くの島を有する竹富町は、珠玉を思わせる島々で構成されている。個性豊かな祭祀(さいし)や芸能が島々にあって、島人を支え昇華させてきた。その中のどの島をとりあげても、他にはないユニークさがあるから不思議だ。

 思えばそのことは等しく八重山全域に及んでおり、石垣や与那国を加えてもその属性は変わらない。とりわけ多くの島からできている竹富町は、島の数ほど魅力を持っているところといえよう。島ごとのユニークさは、一つにまとまりにくい側面を持っていることもたしかであろう。

 竹富町に新しい町長が誕生した。きびしい三つどもえの選挙を制してのことである。「公平、公正な政治で、日本一豊かなふるさとづくり」を提唱しての勝利である。ここにいう日本一豊かなふるさとづくりは、経済もさることながら文化的な要素が含まれていることもたしかであろう。

またそれを抜きにしては真のふるさとづくりはできない。文化ということばの中には、長い歴史と風土が築きあげてきたものがあるからだ。

■島の文化

 島は曲折の多い歴史を歩んできたこともあって、個性的で人間味ある文化をつくり出し継承してきた。

そのことをしっかり伝えている祭祀や芸能に触れると、島人の希求してきたもの、精神性の高さが見えてくる。

 八重山に伝わる祭祀や芸能をみても、竹富町の島々には多彩な内容があり、同じような島々から成る他の地域にはほとんど例をみない。それこそ日本一といってもよいものがある。

 祭祀には他にはない来訪神の儀礼が西表島古見、小浜島、新城にあり、現在でも盛んにとり行われている。神迎えの舟漕儀礼も沖縄一円に見られる龍舟系のそれとは趣を異にしている。

 それに農耕儀礼の根幹をなす種子取、草葉願、初穂、収穫。年の折り目の儀礼である節など他に例をみないものがある。

なお多彩な内容を持つ古謡や節謡があり、八重山を代表するものが少なくない。節謡をあげると「仲良田節」「石ヌ屏風節」「古見之浦節」「高那節」「上原ヌ島節」「鳩間節」「小浜節」「シキタブン節」「チィンダラ節」「越城節」「夜雨節」などがある。

 格調の高い音曲に振り付けた舞踊、島人の生きざまを表現したものなどが、島の誇りとして継承されている。

祭祀儀礼と奉納芸能の豊かさから、国指定の文化財になっているものも少なくない。すばらしい遺産である。

■文化の土台の上に
 とかく経済優先の時代である。豊かな生活をしたいと思うのは誰れしものことであろう。ただ心しておかなければならないことは、経済開発などで、島や地域の文化が危機にさらされたり、破壊された例が多いということである。

伝統文化を失ったところは島の特性をなくして、単なるモノ(物)と化している。人間が生きていく上に必要な経済や開発行為を敵とみなすことはできないし、また文化も経済と無縁なものではない。

 世界を見わたした時、国や地域を支え潤している文化がどれほどあるかということも知っておきたい。いま地球は経済優先の暴走がもたらした弊害で、多くの悩みをかかえている。それが次代へ持ちこされ、子々孫々に受け継がれるとしたら、人類は確実に破局への道を歩いていることになる。

 たちかえって、日本一とかのキャッチフレーズはともかく、実のあるふるさとづくりは歴史や文化が土台であることをしっかり認識しておきたい。
スポンサーサイト



<< 宇検村平田の島ばななとドラゴンフルーツ | ホーム | 黒川洋一さんについて >>


コメント

島が生きている

この記事、「実のあるふるさとづくりは歴史や文化が土台」というところ、そうだよなと思って読みました。

「島が生きている」っていいフレーズですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP