FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

大阪大正区でエイサー

23日の琉球新報に大阪大正区で開催されたエイサーについての記事が掲載されていましたので、お伝えします。同エイサーは、本NPOの理事である金城馨さんを中心に30年以上続けられております。見せて、楽しむだけのエイサーではなく、来場者に琉球が抱える諸問題について考えてもらうコーナーも会場につくっています。大正区に住むウチナーンチュもエイサーに深い思いを込めています。




沖縄国際大学の学生らを中心に県内の大学生や専門学校生らで組織するエイサー集団「琉球風車(かじまやー)」と、名桜大生による「名桜エイサー」の2団体総勢約80人が、14日に大阪市大正区で開かれた第34回エイサー祭り(同実行委員会主催)に出場した。

学生らは、沖縄とつながりが深い大正区での演舞を存分に楽しみ、祭りを盛り上げた。

 琉球風車の出演は2回目で、名桜エイサーは6回目。祭り前日には両団体が、大正区の街々で約5時間にわたって道ジュネーを行い、地元の人々との交流も深めた。

 琉球風車学生代表の國吉純さん=沖国大3年=は「大正区の人々の温かい応援に感動した。沖縄では当たり前にあるエイサーが、大阪にいる県出身者にとっては特別なものなんだとあらためて感じた」と笑顔。

同学生代表の保良真弓さん=沖国大4年=は「わたしたち自身も、祭りを通して心が一つになれた」と目を輝かせた。

 名桜エイサーの小野泰輝さん=名桜大4年=は「応援してくれる人々の熱をもらって最高の演舞ができた。子どもたちから『また来年も来てね』とも言われ、うれしかった。来年以降も出演を続けたい」と語った。
スポンサーサイト



<< 民際学研究会―上村英明さんの先住民族の人権に関する報告 | ホーム | 宇検村平田の島ばななとドラゴンフルーツ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP