FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

石垣島:吉原地区のマンション建設問題

今月26日の八重山毎日新聞に、石垣島の吉原地区におけるマンション建設問題において、裁判長が現場を視察したことについての記事が掲載されていましたので、お伝えします。

石垣島の景観計画、風景づくり条例に反するマンションが強行に建設されようとしています。川上吉原公民館長をはじめとする住民の方々が、建築確認のさし止めを県に求めた訴訟が行われています。昨年、川上さんとお会いしましたが、「島を住民の力で守る」という強い意志をもった方でした。

また白保出身の宮良市議ともお話をしたことがありますが、島の文化、環境を守り育てるという、熱い気持ちをもち、行動をされてきた市議です。




吉原地区の住民ら6人が、地区内で予定されている7階建てマンション建設は石垣市の景観計画に違反するなどとして、県を相手に建築確認の差し止めを求めている吉原マンション景観訴訟は25日、裁判長が現場を視察する現地進行協議を行った。

同訴訟を担当する那覇地裁の大野和明裁判長が原告の案内で建設予定地や周辺環境を見て回った。地裁は次回の期日(11月18日午後1時10分)で結審を予定している。

 現地進行協議はまず吉原公民館で説明があり、川上博久原告代表は完成予想図を提示しながら「びょうぶのような建物がたち、景観上よろしくない」と指摘。宮良操市議が、風景づくり条例を全会一致で可決した経緯を説明した。

 このあと、川平湾の展望台から計画地と周辺環境を検証、山原地区やネバル御獄、ヒウッタ川周辺を訪れた。

原告の一人、神野豊氏は自治会独自の景観ルールを紹介しながら「条例に違反した建物がたつと、山原だけでなく石垣島全体で条例に反した建物が制限なくたってしまう」と危機感をあらわにした。

 視察終了後、井口弁護士は「充実した検証だった。裁判長が現地まで来るのは積極的にかかわっていく姿勢の表れ」と高く評価した。

原告側は次回の期日で大浜長照市長と事業主の証人尋問を求めていく考え。井口弁護士によると結審した場合は早くて年内、遅くて1月末ごろに判決が出る見通し。
スポンサーサイト



<< 11月のゆいまーる会議 | ホーム | 民際学研究会―上村英明さんの先住民族の人権に関する報告 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP