FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『マーシャル諸島 終わりなき核被害を生きる』

マーシャル諸島の研究者である竹峰さんから『マーシャル諸島 終わりなき核被害を生きる』というご著書を送って頂きました。心より感謝します。長年、マーシャル諸島の核実験問題を研究されてきました。皆様も是非、お読み下さい。
竹峰誠一郎/著
【目次】
はじめに――視野の外に置かれた「視えない」核被害
序章 「核の遊び場」とされた太平洋諸島はいま
 一 グローバルヒバクシャの射程
 二 マーシャル諸島の概要
 三 マーシャル諸島の米核実験
 四 核実験被害の探究
 五 実態調査の方法――聞き書きと米公文書調査
 六 本書の構成
第一章 終わりなき核被害
 一 「美しい景色」
 二 「核の難民」として生きる
 三 「NO PLACE LIKE HOME」
 四 「我らの文化を奪った爆弾」
 五 「放射能の島」
 六 「新しい病気」の発生
 七 被曝を背負って生きる
 八 「すべてが破壊された」
第二章 核被害〈非認定〉の地域――「視野の外」に置かれたアイルックの人びと
 一 「わたしも被曝した」
 二 「あの時」の証言
 三 被曝を把握した米当局と視えなかった住民
 四 住民が目にした「異常」現象
 五 補償をめぐる攻防
 六 核被害の広がりを認識していた米当局
 七 求められる核実験被害像の見直し
第三章 核実験場に選ばれた土地――「核の難民」となったビキニとエニウェトクの人びと
 一 「なぜ、アメリカ人はここに来て実験をするのか」
 二 核実験への道
 三 ビキニで実施された第二次大戦後初の核実験
 四 エニウェトク、太平洋の核実験本部へ
 五 流浪するビキニの人びと
 六 不可視化された「国家の犠牲区域」
第四章 核実験反対の声と米政府の対応――核実験をめぐるもう一つの攻防
 一 原水爆禁止を求める声
 二 ビキニ水爆実験「ブラボー」
 三 放射能を可視化した第五福竜丸
 四 全地球規模の被曝
 五 マーシャル諸島発の「もう一つの原水爆禁止運動」
 六 繰り返された核実験
 七 核実験終了後のエニウェトク
 八 核実験終了後のビキニ
 九 核開発競争への抵抗がもつ力
第五章 被曝を生き抜く――追跡調査の対象とされたロンゲラップとウトリックの人びと
 一 「人生を永久に変えた」
 二 水爆実験ブラボーの体験
 三 米軍基地への収容
 四 米政府に独占された医学調査
 五 米政府に拒まれた原水禁現地調査
 六 自ら安全を求める行動
 七 現実感なき帰島再居住計画
 八 「サバイバーズ」として生きる
終章 「視えない」核被害――実態にどう迫るのか
 一 可視化装置としての「グローバルヒバクシャ」
 二 視えない核被害
 三 マクロの観点からのアプローチ
 四 ミクロの観点からのアプローチ
 五 3.11原発震災に引き寄せて
 六 本書の意義と課題――被曝地の未来をどう拓いていくのか
スポンサーサイト

<< 琉球の歴史と思想を考える | ホーム | 琉球に帰国します >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP