FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

連続台風の影響

28日の八重山毎日新聞に13,14,15号と台風が連続して八重山諸島を襲った結果、漁業にも大きな影響を与えていることについて報じておりますので、お伝えします。

農業、観光業等の陸地の産業だけでなく、海で活動される方々にとっても台風は大きな被害を与えていることがわかります。




9月に入って相次ぐ台風の接近で、水産業に影響が出ている。今月は13号、14号に続き、猛烈な台風15号が接近しており、シケで出漁できない日が続いているためだ。

猛烈な台風15号が近づいた27日、石垣市の各漁港では漁業者が漁船をロープで固定する作業を行って台風に備えた。燃料の高騰、魚価の低迷に出漁日の減少が加わり、漁業者にとってはトリプルパンチ。「収入が減る」と悲鳴が上がっている。

水産業は台風の影響を最も受ける産業のひとつ。台風が最接近する数日前から漁に出られず、台風が過ぎ去ったあとも余波による影響を受ける。

 漁業者によると、「まともに台風が来ると、1週間は漁に出れない」。速度の遅かった台風13号の時は7―10日程度出漁できない日が続いた。14号の際も、漁場で2、3泊する1本釣り漁業者は「4日間は行けなかった」という。

今度の台風15号は勢力を強めており、漁協は「30日までは出漁できないのではないか」と懸念する。

新栄町船揚場で台風対策をしていた漁民は「燃料は高く、魚は安い。台風で出漁もできず、大変だよ」と声を落とした。

 今月5、6日のサメ駆除以降、2回しか操業していないという1本釣り漁業者の1人は「他の1本釣り漁業者も2、3回しか行ってないはず。来週の火曜日までは出漁できないだろう」とため息をついた。

 こうした“水産被害”は被害額として表には出てこないが、収入減という形でもろに影響を受けることになる。
スポンサーサイト



<< 新宿にある沖永良部のシマ | ホーム | 11月のゆいまーる会議 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP