FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

マーシャル諸島

昨日、竹峰さんのご著書『マーシャル諸島』を頂戴しました。みーふぁいゆー。博士論文を読みやすくした重厚な本です。これから読むのが楽しみです。竹峰さんの論考は『島嶼経済とコモンズ』にもありますので、お読み下さい。

竹峰さんは早稲田大学の西川潤ゼミの仲間でもあり、10年くらい前にマーシャル諸島のマジュロ島でばったりとお会いしたのを楽しい思いでとなっています。また龍谷大学の民際学研究会として三重県の伊勢の島々をフィールドワークした時にも同じメンバーとして案内して下さいました。現場に根ざした、島嶼民の目線で研究をされています。今後の研究の発展をお祈り申し上げます。


内容紹介
《「第五福竜丸」の後ろ側で被曝を生き抜いてきた人びと》
避難・除染・再居住の問題、
暮らし・文化・心への影響、健康被害、人体実験疑惑……
被曝地の未来をどう拓いていくのか——。
ビキニ環礁、エニウェトク環礁。
かつて30年にわたり日本領であったマーシャル諸島では、
日本の敗戦直後から米国の核実験が67回もくり返された。
長年の聞き書き調査で得られた現地の多様な声と、
機密解除された米公文書をていねいに読み解き、
不可視化された核被害の実態と人びとの歩みを追う。

日本は敗戦後、米国の核の傘のもとで安全保障体制を築き、戦後復興から急速な経済発展を遂げ、「平和」を謳歌してきました。その時、かつて自国領として「南洋群島」と呼んでいた太平洋の島々とその土地の人びとのことは、視野の外にありました。
米国の核を抱きしめた日本と、米国の核開発の母胎となったマーシャル諸島の関係性は問われることなく、「被爆国」日本の戦後の「平和」は語られてきました。「第五福竜丸事件」は認識されることがあっても、第五福竜丸の後ろ側にいる現地住民への想像力は乏しかったと言わざるをえません。

六七回におよぶ米国の核実験にともない、マーシャル諸島は住民とともに大地が被曝し、地域社会、文化、生活、心、そして身体に、被曝は忍び寄っていきました。しかし、「被爆国」日本において、被曝がもたらしたこれらの現実は十分に探究されないまま、見過ごされてきたのではないでしょうか。 ————著者
内容(「BOOK」データベースより)

避難・除染・再居住の問題、暮らし・文化・心への影響、健康被害、人体実験疑惑…ビキニ環礁、エニウェトク環礁。かつて30年にわたり日本領であったマーシャル諸島では、日本の敗戦直後から米国の核実験が67回もくり返された。長年の聞き書き調査で得られた現地の多様な声と、機密解除された米公文書をていねいに読み解き、不可視化された核被害の実態と人びとの歩みを追う。
スポンサーサイト

<< 米軍基地の前にひるがえる国連旗 | ホーム | 辺野古に掲げられた国連旗 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP