FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『島嶼経済とコモンズ』が刊行されました

このたび、小生が編著した論文集『島嶼経済とコモンズ』が刊行されましたので、ご紹介いたします。会員皆様のご研究に役立つことができましたら、幸いです。
目次
はじめに                              松島泰勝
第1章 島嶼経済とコモンズを結ぶ                  松島泰勝
――島嶼の平和と発展を目指して――
第2章 沖縄の米軍基地と沖縄経済                  普久原均
第3章 沖縄(琉球)における「基地外基地」問題について       友知政樹
――在沖米軍人等の施設・区域外居住の問題――
第4章 近代化における沖縄の自治運動                林 泉忠
第5章 対テロ戦争が米国の天然資源管理策に及ぼす影響に関する考察  西 佳代
――ナショナル・ガードのウェル・ビーイングをめぐる議論を中心に――
第6章 グアムの基地経済問題に関する考察              松島泰勝
第7章 太平洋島嶼国における頭脳流出及び頭脳還流に関する研究    野原稔和
――パラオ共和国及びフィジー共和国での比較分析――
第8章 沖縄の華僑・華人                      三田剛史
第9章 コモンズとしての土地と暮らし               竹峰誠一郎
――マーシャル諸島にみる「サブシステンス」――
第10章 定期市とコモンズ                     李 文闊
第11章 釣魚島(尖閣諸島)「棚上げ合意」に関する史的考察      倪 志敏
出版社:晃洋書房
発行年月日:2015年3月20日
定価:本体3500円(税別)
ページ数:272頁
紹介文
島嶼における経済とコモンズの現状と将来
琉球列島、太平洋諸島、大陸農村地域をフィールドとし、島嶼経済論とコモンズ論の比較研究を通じて、基地経済の実態、島嶼や農村における内発的発展やコモンズの可能性、平和創出のための理論や政策を展望した。
編著者紹介
松島 泰勝
1963年琉球・石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島那覇で育つ。那覇高校、早稲田大学政経学部卒業後、早稲田大学大学院経済学研究科博士課程単位取得。博士(経済学)。在ハガッニャ(グアム)日本国総領事館、在パラオ日本国大使館において専門調査員として勤務。東海大学海洋学部准教授を経て、龍谷大学経済学部教授。2007年にNPO法人ゆいまーる琉球の自治代表、2013年に琉球民族独立総合研究学会の共同代表に就任

(カバー)『島嶼経済とコモンズ』
スポンサーサイト

<< 異国としての日本 | ホーム | 奄美・沖縄・琉球研究センター >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP