FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

与那国島測候所廃止へ

10月2日の八重山毎日新聞に与那国島測候所廃止の記事がでていましたので、おつたえします。
私の父親は気象台で働いており、琉球の島々の各地で働いていました。その関係で、私も、石垣島で生まれて、南大東島、与那国島、沖縄島で生活するという貴重な体験をすることができました。

父親がこれまで働いたことがある、西表島の測候所も既に廃止されました。父親も今年、琉球新報の論壇において、与那国島測候所を廃止すべきでないとの意見を書きました。国は財政赤字のつけを、小さな島々にもおしつけています。

他の琉球の島々にある測候所も廃止予定、すでに廃止されたケースもあり、離島軽視、つまり離島にすむ人間を軽視する国の姿勢が明らかです。





気象庁は1日付で、与那国島測候所の業務を自動化し、8人の職員全員を引き揚げた。

石垣島地方気象台で「気象情報の照会などは気象台が対応する」としているが、与那国町では「与那国は台風銀座。

台風のときに直接応対してくれる職員が島にいなくなる。心配だ」(総務財政課)と話している。

同測候所は今回の自動化・無人化に合わせて「与那国特別地域気象観測所」と改称し、新たに導入する観測機器などで気温や風向・風速、降水量、震度などの観測を続ける。

 同測候所に電話をかけた場合には、石垣島地方気象台に転送され、同気象台で対応することになっている。

■「64年の歩み」発刊 過去の災害を収録
 1日付で無人化された与那国島測候所の記念誌「64年のあゆみ」が発刊された。70.2メートルの最大瞬間風速を観測した1994年の台風13号など、与那国で起きた台風と大雨、地震の災害の概要など気象に関するデータを収録している。

 与那国島では1940年4月に気象観測が始まり、1944年1月の運輸省令で正式に同観測所が設置された。戦時中は空襲によって観測業務の中断を余儀なくされることもあった。
 「64年のあゆみ」はA4判、66ページ。
スポンサーサイト



<< 民際外交から市民外交への挑戦:先住民族の権利と国連人権機構 | ホーム | あじまー通信(石坂さんより) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP