FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

民際外交から市民外交への挑戦:先住民族の権利と国連人権機構

今日、午後1時から、龍谷大学の紫英館という校舎におきまして、「民際外交から市民外交への挑戦:先住民族の権利と国連人権機構」と題する、上村英明さんの講演、研究会があります。

上村さんの略歴は次の通りです。

1956年熊本市生まれ、1979年慶應義塾大学法学部卒業、1981年早稲田大学大学院
経済学研究科修士課程修了。

1982年市民外交センターを設立。2002年恵泉女学園
大学助教授。現在:恵泉女学園大学教授、同大学平和文化研究所所長。主要著書:
『アイヌ民族一問一答 新版』2008年、解放出版社。

上村さんは20年以上、アイヌ民族の人権支援活動をされてきました。また先住民族に関する本も多く出されています。

1996年からは琉球人を先住民族として認めさせ、世界の先住民族とのネットワークをつくりあげるために、国連の先住民族作業部会等の国際舞台における活動をも支援してきました。

龍谷大学の民際学研究会の主催で研究会を行います。民際学とは、国家を超えた、人間と人間との関係性の構築に注目する学問であり、諸問題を解決するために、当事者意識をもって学際的に研究し、活動することを目的にしています。

今日は、一日、実り多い議論をし、明日からの活動、研究、教育につなげていきたいと思います。


本題とは関係ありませんが、昨日、NHk沖縄が午後7時半より特番を流しました。それはユニマットが船浮の土地を買いあさって、リゾートを建設しようとする動きに対する村人の反応、島における開発問題等についてのものだそうです。友達に録画してもらいました。学生と議論する資料にして、島の開発を考えてみたいです。

スポンサーサイト



<< 奄美諸島における郵政民営化の影響 | ホーム | 与那国島測候所廃止へ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP