FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

「現代ビジネス」で『琉球独立論』の紹介

講談社のウェブサイト「現代ビジネス」で『琉球独立論』の紹介して下さいました。どうぞお読み下さい。


以下サイトからの引用。


http://gendai.ismedia.jp/articles/-/42754?page=5

同書の解説は、本文で述べたので詳述はしない。極めて真摯に書かれた本で、内容は、その多くは目から鱗のことだったが、中にはやや疑問に思うこともあった。
私はつい中国と比較してしまうのだが、まずはこのような図書が、正々堂々と書店で売られていることが、日本の民主主義の成熟を示す誇るべきことだ。中国で「チベット独立論」という本が新華書店に置かれることは、天地がひっくり返らない限りないし、おそらく韓国でも「済州島独立論」などという書籍は成立しないのではないか。
次に、一般に日本人は、「琉球独立論」と言われても、「何それ?」という感覚だろう。
だが私は中国で暮らした経験から、チベットや新疆ウイグルなどの独立運動というのは、間近で見てきた。だから「琉球独立論」が、「将来日本で起こりうる大問題」に思えてならない。尖閣諸島の問題と異なるのは、無人島ではなく「有権者が暮らす島」の問題だということだ。先進民主国家では、たとえばスコットランドでは国民投票を行って独立の是非を決めた。そのように、将来の日本で大事になるリスクを秘めているのである。
一体何が問題なのか。沖縄が揺れているいま、それを知る格好の1冊である。
スポンサーサイト

<< 「現代ビジネス」でのインタビュー | ホーム | 東大で『琉球独立論』が議論される >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP