FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

「現代ビジネス」でのインタビュー

ウェブサイト「現代ビジネス」において、近藤さんの質問にたいして私は次のように答えました。

――あなたの書かれた『琉球独立論』が、いま沖縄でベストセラーになっていると聞きました。

「本当に、琉球独立を、琉球の具体的な政治的選択肢の一つとして考える人が増えたように思います」

――現在の普天間基地の移転問題を巡る安倍政権と沖縄県の全面対決を、どうご覧になっていますか?

「われわれ琉球人は、1945年にアメリカと激しく戦いました。その後、戦後の70年は、アメリカと平和的に戦ってきました。それがいま、日本政府と戦っているわけです。現在の戦いは、戦後一貫して踏みつけられてきた者が当然起こす行動です。琉球という国家が誕生する前段階が現在なのだと思います」

――あなたが著した『琉球独立論』と同様の主張は、数年前から中国国内でも流布し始めています。そこには、中国政府が将来的に、尖閣諸島と沖縄を占領しようという意図が見え隠れしているように思えます。今回、沖縄の独立を日本の側から言い出したことは、中国の戦略を利することにはなりませんか?

「中国による琉球侵略説は、根拠が薄弱な主張だと考えています。いつ、どのように、だれが琉球独立を具体的に論証した議論があるでしょうか。琉球を侵略して中国は何の利益をえるのでしょうか。中国政府は、琉球侵略を計画しているのですか。中国における中国侵略説を研究者として、信頼にたる議論をしている人がいますか?

それは、日本の琉球侵略と支配を隠蔽するために中国侵略という仮説を持ち出しているように思われます。琉球独立は琉球人による琉球人ための独立であり、中国やその他の大国のためのものではありません」
スポンサーサイト



<< 『私たちの国際学の「学び」』 | ホーム | 「現代ビジネス」で『琉球独立論』の紹介 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP