FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

麓さんのアシビ10周年

9月29日の南海日日新聞に麓さんのアシビが10周年を迎えるとの記事が掲載されていましたので、お伝えします。以前、アシビの中で学生とともに麓さんからお話を聞いたことがあります。島の人の手作り感がでている、心温まるライブハウスでした。

麓さんが友達の協力を得て、つくり、維持、運営してきた場所です。奄美諸島文化の発信地としてこれからも元気の風を送り出してほしいと思います。




奄美大島で行われる音楽イベントの大半を担ってきたライブハウス「ASIVI(アシビ)」が、近くオープン十周年を迎える。

アシビから奄美の音楽を発信し続けた経営者の麓憲吾(36)は「本当に濃い十年間だった。いろんなイベントの裏方に徹することでしか見れない風景を見ることができたし、お客さんが楽しんだり喜ぶ姿を見れたのは黒子冥利(みょうり)に尽きる」などと十年間を振り返った。

 アシビは奄美市名瀬の飲食店街「屋仁川通り」の中ほどにあり、床面積は百四十六平方メートルで百人ほどを収容できる。奄美の若者が音楽を楽しむことができる場を創ろうと、麓が銀行から借りた金でレストランだった空間をライブハウスに改装してオープンしたのは一九九八年の十月十日だった。

 開店から二年ほどは店側が企画する音楽イベントが催されていたが、次第にさまざまなイベント企画が外から持ち込まれるようになった。

 島唄イベントのほか、学生によるライブ、DJイベント、エアギター大会、ウエディングパーティーなどが週末ごとに催された。最近は音楽イベントだけでなく、島酒を飲むイベントやコント大会などお笑い系のイベントも開かれている。

週末はイベント予約で埋まり、イベント開催数は一年間で百回前後に上る。

 また、口伝えでアシビの存在を知った本土のミュージシャンが入れ代わり立ち代わり来島し、ライブを行うようになった。フォーク系、ロック系、ポップス系などそのジャンルはさまざまで、離島の住民が本土まで足を伸ばさずとも良質の音楽に触れる機会を提供している。

 年に数回、ロック系のライブを聞くためアシビに足を運ぶ奄美市在住の公務員男性(40)は「アシビがなかったら奄美の音楽シーンはどれほど貧弱なものになっていたか」と語り、その存在を評価する。

三十代のバンドマンの一人は「その名の通り、僕たちの大切な遊び場所」と位置付ける。

 アシビのオープン当初、スタッフは麓を含めたった三人だった。音楽イベントの企画から運営までを手探りで必死にこなすうちに、麓らはイベント運営の手法を身に着けた。それは「夜ネヤ、島ンチュッ、リスペクチュッ!」と銘打たれた奄美発の音楽イベントへとつながっていく。

 アシビの存在を抜きには語れない「夜ネヤ」は東京でも開催された。朝崎郁恵、元ちとせ、中孝介、RIKKI、中村瑞希、我那覇美奈など、奄美が生んだ歌い手が一堂に会した異色の音楽イベントは、会場に足を運んだ在京の奄美出身者に大きな喜びと誇りをプレゼントすることになった。離島の小さなライブハウスが生み出した魔法のような出来事だった。

 十月四日から十日まで、アシビではロックやアコーステックなどのジャンル別に入場無料のイベントを開催する。奄美で活動する六十余りのバンドや個人が出演し、十一年目に突入するライブハウスを祝福する予定だ。(文中敬称略)
スポンサーサイト



<< サンゴの海回復へ取り組み | ホーム | 奄美諸島における郵政民営化の影響 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP