FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球独立論と「阿武隈共和国」

「イーハトーブ通信」というBlogで増子さんが拙書を紹介して下さっております。感謝します。




「むしろそれ以上に理解しがたいのは、琉球が日本から独立しないでいることである。…あからさまに『植民地』の状態に置かれてきた人たちが、独立を考えたとしても当然である。それほど不当に扱われてきたわけでもないスコットランド人が独立を要求するのだから」(2014年9月21日付朝日新聞読書欄)―。哲学者の柄谷行人のこの書評がずっと頭の片隅に引っかかっていた。タイトルはずばり『琉球独立論』。今回の石垣島行きにこの本を携行したのはその息遣いの一端を実感したいと考えたからである。

 筆者は石垣島出身で龍谷大学教授の松島泰勝さん(51)。松島さんは自著の冒頭に真逆の光景を提示することから「独立」の原点にさかのぼっていく。宜野湾市にある「嘉数(かず)高台」―。沖縄戦の激戦地のひとつであったこの高台の展望台からは米軍普天間飛行場が一望でき、南に目を転じれば「浦添(うらそえ)ようどれ」が見える。琉球古語で「極楽」(ニライカナイ)を意味する王統の陵墓だったが、由緒あるこの名所も沖縄戦で破壊された。この光景に対比させながら、松島さんはこう述べている。

 「私は米軍機がタッチアンドゴ-訓練で、浦添ようどれの上空を爆音を鳴らしながら何度も旋回しているところを見ました。ちょっと想像してみてください。日本という国のアイデンティティを象徴する伊勢神宮や皇居、京都の神社仏閣の上空を、日常的に米軍機が訓練しているのを日本人が目にしたらどうでしょう。民族の歴史や文化、精神を否定され、卑しめられた気持ちにならないでしょうか」

 日本軍の捨て石にされた沖縄戦や戦後の米国統治、現在に至る米軍の基地負担…。独立した王国であった「琉球」は1872(明治5)年、琉球藩の設置に伴って「植民地」としての苦難の道を強制されることになった。そんな受難の歴史に対する、まさに無言の“抵抗”を垣間見せてくれたのは「国歌斉唱」を拒否した石垣島の入学式の光景だった(9日付当ブログ参照)。時あたかも「日の丸・君が代」を強制し、違反者を処分する東京都教育委員会の姿勢とはこれまた真逆の光景である。松島さんはこう激白している。

 「日本による琉球の植民地支配の実態をみないふり、あるいは積極的に植民地支配を肯定しているのは誰なのか。日本人は琉球人を同胞と本当に考えているのか。同胞と考えているのなら、なぜ米軍基地を自ら引き受けないのか。日本や日本人への琉球人の怒りをそらすために、日本人自らも被害者を装っているのではないか。実際は、日本はアメリカとともに琉球を支配しているのが現実です」

 私はこの文脈に無意識のうちに福島第1原発の事故を重ね合わせていた。琉球と同じように「東北」そのものも“日本”の植民地ではなかったのか。片や”琉球処分”、片や”蝦夷征伐”という名の植民地支配という意味で…。フクシマの架空国―「阿武隈共和国」(村雲司著『阿武隈共和国独立宣言』2012年)が独立を果たしたのは東日本大震災から丸2年たった平成25年3月11日のことだった。著者の村雲さんは独立の志士たちにこう語らせている。
 
 「故郷の山河を棄てろと国が強要するなら故郷と国を天秤にかけて、俺たちは国を棄ててもいいとさえ思っております。しかし、ただ無言のまま見捨てられ、死んでいくのは嫌なのであります。しっかりと、彼らの本性を明かして死んでいきたいのです」「そうなのだ。こんなことは決して許されることではないと、はっきりとけじめをつけて、おさらばしたいのだよ。仮設住宅、仮の町、仮の人生。仮のままで人生を終えたくはない」

 松島本に先立つこと約20年前の1997年、祖国復帰運動のリ-ダ-でもあった元コザ市長(現沖縄市)の大山長常さん(故人)は『沖縄独立宣言』を世に問うた。この本には「ヤマト(日本)は帰るべき祖国ではなかった」という副題がついている。


(写真は2014年7月の出版以来、3刷を重ねている『琉球独立論』)
スポンサーサイト

<< <「論争」の戦後70年>琉球独立論 戦争への危機感、背景 | ホーム | 琉球独立学会の公開シンポジウム >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP