FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

高齢者を大切にする社会―カジマヤー

10月7日の琉球新報にカジマヤーについての記事がありましたので、お伝えします。高齢者を大切にする社会が琉球にはまだ生きています。カネよりも住民からお年寄りが尊敬されるという社会的環境が、長寿を可能にしている一因といえるのではないでしょうか。




南風原町喜屋武 2人がカジマヤー

南風原町喜屋武のカジマヤーが5日、喜屋武公民館などで行われ、野原シゲさんと野原カメさんの長寿を地域を挙げて祝った。

 2人は区内の馬場から色鮮やかに飾られたオープンカーに乗って、地域を道ジュネー。風車を持って沿道に立ち、祝いの言葉を掛ける住民に、笑顔で手を振り応えた。区内の広場では、子どもたちがかわいらしい舞方棒を披露。2人の乗る車を囲んで区民全員で「花の風車」も踊った。夕方からは喜屋武公民館に場所を移して、2人を祝った。

 85歳まで南風原かすりを織っていたカメさんの長男、広仁さん(72)は「予想以上に多くの人が駆け付け、祝ってくれたことがとてもうれしい」と笑顔で話していた。

■八重瀬町・新城さん 元気に道ジュネー

八重瀬町後原の新城安珍(あんちん)さん(96)の数え年97歳を祝うカジマヤー(主催・後原カジマヤー実行委員会)が5日、同地区で行われた。道ジュネーと後原公民館で行われた祝賀会では親類や地域住民が詰め掛け、元気な新城さんを盛大に祝った。

 新城さんは、1912年11月1日生まれ。旧具志頭村の教育委員会や農業委員会、村議会議員を歴任し、村の戦後復興に尽力してきた。子ども10人、孫25人、ひ孫33人と子宝に恵まれた新城さんは現在、畑仕事や散歩を楽しんだり、眼鏡なしで新聞を読んだりと地域でも元気なお年寄りと有名だ。

 同日、新城さんは華やかに飾られた軽トラックの荷台に乗車。実行委によって準備された盛大な道ジュネーにご満悦。青年会の旗頭に婦人会、老人会、子ども会によるカジマヤーの踊りなどに手を振り応えていた。

 少し耳が遠いがそれ以外は健康という新城さん。「何でも好き嫌いせずに食べる。そして自分の体に用心しておくこと」と長生きの秘訣(ひけつ)を語った。

 ブラジルから親類9人と祝いに駆け付けた四男の安昭さん(62)は「厳しさの中に優しさがある人。地域住民の祝福に感激した」と満面の笑みを浮かべ話していた。

■豪華サバニで 名護市

名護市久志で5日、数え97歳のカジマヤーを迎えたお年寄り4人の合同祝賀会が開かれた。4人は豪華に飾り付けられたサバニに元気に乗り込み、区内をパレード。公民館で開かれた祝賀会には家族や区民ら約500人が参加し、盛大に4人の長寿を祝った。

 カジマヤーを迎えたのは、棚原穏幸さん、上間源武さん、島袋ウタさん、島袋苗さんの4人。数え88歳のトーカチも4人そろって祝ったが、今年も仲良くカジマヤーを迎えた。

 久志区で4人のカジマヤー祝いは初めてとあって、区内の老人会、婦人会、小中学生らほとんどの団体が協力し、1週間前から祝賀会に向け準備した。4人一緒にパレードする方法を考えた末、サバニに決定。

沿道では家族らがかぎやで風とカチャーシーを踊った。区民総出の祝福に、4人も手をたたいて喜んでいた。祝賀会では、家族から歌や踊りの余興が披露され、満席の会場は大にぎわいだった。

 92歳まで理髪業を営み、朝のひげそりが日課という上間さんは「祝ってくれてとてもうれしい。みんなのおかげで長生きできた」と笑顔で話していた。

 比嘉清隆区長は「大正、昭和、平成と大変苦労なさった方々。元気でますます長寿でいてほしい。お年寄りが元気で安心できる地域をつくっていきたい」と話した。

■孫の人力車で 恩納村山田

恩納村山田では5日、長浜眞行さんの数え年97歳のカジマヤー祝いが村内で行われた。晴天の下、午前9時からのセレモニーの後、長浜さんはオープンカーで村内巡回を開始。途中からは孫たちが引く人力車に乗り換えた。

 同区1班から5班の区民もきれいに装飾を施した小型トラックや自動車10台に分乗。思い思いの化粧や仮装で踊ったり、三線、太鼓を奏で、指笛を鳴らすなど、地域をくまなく、にぎやかにパレードした。沿道の住民も風車をかざして、お祝いに参加した。

 オープンカーに同乗した11歳年下の妻トヨさん(85)は「本人は120歳まで生きるつもりだよ。何でもよく覚えていてとても記憶がいいから頭のほうも大丈夫」とうれしそうに話していた。

 最後は人力車や車夫の衣装を提供した琉球村(具志堅猛社長)で参加者全員のカチャーシーで祝いを盛り上げた。

■国際通りをパレード 「大湾洋服店」大湾宗安さん

 国際通りの老舗洋服店「大湾洋服店」の創業者大湾宗安さん(96)のカジマヤー祝いが5日、トランジットモールが実施されている国際通りで行われた。大湾さんは妻良子さん(94)と紅白の布や花、風車で装飾されたベロタクシーに乗り込み、観光客や買い物客でにぎわう国際通りをパレードした。

 大湾さんは今帰仁村出身。大阪や那覇の洋服店で修業を積み、1955年に国際通りに店を構えた。以来、国際中央通り会会長や県中小企業団体中央会会長を歴任し、国際通りを代表する経営者になった。

技術者としても信頼を集め、大湾さんの店で修業した弟子は100人以上になるという。
 現在は子供5人、孫9人、ひ孫2人に囲まれ、元気に暮らしている。

 パレードでは、法被を着た従業員、元従業員を大勢引き連れ、笑顔で周囲に手を振った。「おめでとう」と声を掛ける人々に「はい、ありがとう」と握手をしながら丁寧に返事をした。

 観光客や外国人もパレードに足を止め、写真を撮ったり大湾さんと握手をしたりと一緒に長寿を祝った。

 長生きの秘訣(ひけつ)は「心配しないこと」と話す大湾さん。親類から観光客までたくさんの人に囲まれ「何とも言えないありがたい気持ち。感激」と目を細めた。
スポンサーサイト



<< 与那国島の国境交流 | ホーム | サンゴの海回復へ取り組み >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP