FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

尼崎で琉球独立を議論する

 昨日は、尼崎で琉球独立の講演会を行いました。阪神電鉄にのるのは初めてでしたが、これまでよく乗ったことのある阪急電鉄とくらべて味わいのある電車であり、庶民の香りがする馴染みやすい雰囲気のある電車でした。 

事前に尼崎の琉球人が生活してきた場所等を調べましたが、全部行くには時間がなかったので、出屋敷で降りて、講演会会場がある尼崎駅方面まであるきました。縦横に広がる商店街を歩きました。琉球の食材屋さん、キムチのお店を見ることができました。庶民の生活のパワーがあふれた商店街でした。民衆の力あふれる街でどのように琉球人が生活をしてきたのだろうかと考えながら、歩きました。

 講演会では1時半から5時まで琉球独立について来場者と議論しました。 FBでお友達になった方々も来られており、その中のお一人からラオスのお茶、植物の種を頂戴しました。講演会の後、ガード下にある居酒屋で懇親会をしましたが、値段も安く、料理も量も多く、民衆的なお店でくつろげました。

差別、貧困のそれぞれの現場で戦う方々と親しく意見交換することができました。心よりお礼申し上げます。
スポンサーサイト



<< オスプレイは大変危険である | ホーム | 尼崎を歩く >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP