FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

与那国島の国境交流

10月4日の八重山毎日新聞に与那国島の国際交流についての記事がありましたので、ご紹介します。



先月25日に第1回会合を開いた与那国町の国境交流推進協議会(委員長・大城肇琉大副学長、17人)にとって、当面の課題となるのは花蓮与那国間の高速船運航の実現だ。

「台湾との交流は与那国の規模に見合うものなのか」という慎重論など多様な意見の持ち主が集まる同協議会は、島の自立に向けた道筋をどのように描き出すのか。(松田良孝記者)

■意見は多様
 第1回協議会が開かれた日の夜、委員らの懇親会があった。

 花村泰範委員(町診療所医師)は、「島の規模」を指摘しながら、台湾との交流に対する慎重論を元副知事の吉元政矩氏に述べた。吉元氏は、町が台湾との交流を進める根拠となっている2005年3月の「自立ビジョン」策定に深く関与。同協議会では顧問を務める。

 花村氏は「台湾側のニーズに応じきれるか」と心配する。宿泊施設の規模や土産物として提供できる島産品の規模。台湾との交流は島のスケール抜きには考えられないと考えるからだ。

 崎元学委員(建設会社役員)は「予算の使い道が分かるように透明性を確保してほしい」と注文を付けた。

 特産品部会の伊藤典子委員(製塩業)は、花蓮との高速船について「買う人にも売る人にとっても価値のある物産展のようなものになればいいと思う」と、島全体でものづくりに弾みが付くきっかけになると受け止めている。

■海外から最大規模
 11月をめどに花蓮市との間で運航を計画している台湾の高速船は300人乗り。実際の運航では定員を200人程度にする見通しだが、それでも、海外からの観光団としては島にとっては未経験の規模だ。

 今年7月に運航した花蓮与―那国間のチャーター便では、台湾観光客70人が与那国入り。そのうちの多くが石垣にまで足を伸ばしており、4日間の滞在日程をすべて与那国で過ごしたわけではない。

 これについて、町は「与那国を出入り口にして、先島エリアを動かしていく。与那国は中継基地」と、与那国の役割を位置づける。

 ただ、11月に運航準備を進めている高速船は、船舶の安全基準を定めた条約に合致する認証をまだ得ておらず、ツアーの日程や参加規模などは未定だ。

■求められる具体性
 9月24日の合同部会で、大城委員長は「すぐ実行できるような議論をしてほしい」とあいさつ。吉元氏は「台湾に一番近い与那国がこれから具体的に経済交流と文化の交流を始めようとしている」と述べた。

 「実行」「具体的」。自立ビジョンの策定から4年目を迎え、台湾との交流をいかに具体化するかが問われる段階に入った。
スポンサーサイト



<< 沖縄総合事務局廃止案―私は賛成します | ホーム | 高齢者を大切にする社会―カジマヤー >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP