FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今なぜ、琉球独立か

来週火曜日、日本記者クラブで「今なぜ、琉球独立か」というテーマで講演をし、記者の方々と議論をします。ご関心がある記者のかたはどうぞご参加下さい。琉球独立について真摯な議論ができれば幸いです。

http://www.jnpc.or.jp/activities/news/report/2015/06/r00030954/
2015年6月2日 14:30〜 15:30
龍谷大学教授 松島泰勝 9階会見場

氏名 松島泰勝
肩書 龍谷大学教授
研究テーマ 沖縄から考える
研究会数 3
研究テーマ:沖縄から考える
研究会回数:3

「琉球民族独立総合研究学会」(2013年5月設立)共同代表を務める松島教授(島嶼経済)からお話をうかがいます。
『琉球独立論』(バジリコ)『琉球独立への道』(法律文化社)を事前に読んでいただきたいとの要望がありました。
琉球民族独立総合研究学会サイト
→ 参加お申し込みはこちら
スポンサーサイト

<< 関西で琉球を思い続けるタクシーの運転手さん | ホーム | ラジオで琉球独立を語る >>


コメント

日本記者クラブでの講演に関して

本日の記者クラブでのご講演を「傍聴者」として拝聴しました。当該ブログでの案内に従って申し込みをし、念のため事務局から返信されたメールをコピーして持参しましたが、当初受付では「会員以外は入室不可」と断られました。松島教授からのブログでの案内に沿って申し込みをし、返信を得た(自動返信だと最初は断られましたが・・・)と説明したところ、「特別傍聴として、質問なしでOKします」ということで、やっとのこと入室できました。
ご講演はこれまでの著作やメディア情報で概ね承知していた内容でしたが、記者クラブで講演されたという実績が今後、威力を発揮していくと思いました。引き続きのご健闘を祈念しております。

Re: 日本記者クラブでの講演に関して


先日は、記者クラブにお越し下さり、心より感謝申し上げます。
クラブの入室にあたり、お手数をおかけしまして、失礼しました。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

松島泰勝

> 本日の記者クラブでのご講演を「傍聴者」として拝聴しました。当該ブログでの案内に従って申し込みをし、念のため事務局から返信されたメールをコピーして持参しましたが、当初受付では「会員以外は入室不可」と断られました。松島教授からのブログでの案内に沿って申し込みをし、返信を得た(自動返信だと最初は断られましたが・・・)と説明したところ、「特別傍聴として、質問なしでOKします」ということで、やっとのこと入室できました。
> ご講演はこれまでの著作やメディア情報で概ね承知していた内容でしたが、記者クラブで講演されたという実績が今後、威力を発揮していくと思いました。引き続きのご健闘を祈念しております。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP