FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

「民意のうねり」―フリーとフェアー①― スコットランドの人々はなぜ独立を求めるのか?

来週、次のような講演を行います。お時間がありましたら、是非ご参加下さい。
「民意のうねり」―フリーとフェアー①― スコットランドの人々はなぜ独立を求めるのか?
 昨年9月にはイギリスからの独立を問う住民投票も行われ、また朝の連続テレビドラマの影響もあり、スコットランドについての関心が大いに高まったようです。スコットランドの独立運動の背景と活発化している欧州での独立運動についてのお話を伺います。 皆様のご参加をお待ちしております。
講師コメント
2014年9月18日にスコットランドにおいて、イギリスからの独立を問う住民投票が行われました。私はロンドン、エジンバラ、グラスゴー、アバディーンに行き、スコットランド独立運動の背景を調べ、なぜスコッツ(スコットランド人)が独立を求めるのかを考えました。

英海軍がスコットランドに押し付けている核兵器基地も訪問し、反核運動をしている市民と意見交換をしました。講演では、その時の写真をお見せしながら、スコットランド独立運動の背景についてお話しいたします。欧州では、スコットランド以外でもスペインのカタルーニャやバスク、ベルギーの北部オランダ圏等でも独立運動が活発化しています。地域の民主主義や自由を実現するうえで独立という手段が有効であると考える人々が増えているのです。その意味を皆さんと考えてみましょう。

日 時: 2015年6月12日(金) 午後2時~4時
会 場: 泉ヶ丘駅前 ビッグ・アイ 1階研修室
講 師: 松島 泰勝氏(龍谷大学・国際経済学科教授)
要資料代
スポンサーサイト

<< 基地問題と沖縄差別 | ホーム | 日本記者クラブでの講演 >>


コメント

増す増すお元気そうで嬉しくなります

お元気そうで良かった。
琉球の世界の中での個性化と活性化をあらゆる側面から伸ばし育む事が、一番。
鳥籠の主張は、必ず終わらせなけば、何も始まらない。
健康に、気をつけて、頑張って下さい。

Re: 増す増すお元気そうで嬉しくなります

いろいろとお心遣い、感謝します。
これからも宜しく御願いします。


> お元気そうで良かった。
> 琉球の世界の中での個性化と活性化をあらゆる側面から伸ばし育む事が、一番。
> 鳥籠の主張は、必ず終わらせなけば、何も始まらない。
> 健康に、気をつけて、頑張って下さい。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP