FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

「自分は何者か」の格闘

昨日の毎日新聞で私の伊波普猷についての考えが紹介されておりますので、ご笑覧下さい。高良さん、伊佐さんの伊波さんについての意見も参考になります。



「論争」の戦後70年:第14回 沖縄学の父 「自分は何者か」の格闘
毎日新聞 2015年06月09日 東京朝刊


嘉数高台公園から見る米軍普天間飛行場。オスプレイが駐機している=沖縄県宜野湾市で5月21日、伊藤和史撮影
拡大写真
 ◇日琉同祖論、影響今も絶大/琉球民族の存続、課題に

 爆音を残し、オスプレイが2機連なって離陸していく。沖縄県宜野湾市の嘉数(かかず)高台公園を訪れている。

 「沖縄の今を象徴する場所の一つ。琉球王国も沖縄戦も基地も見えます」。前回登場願った琉球独立論者の松島泰勝10+件・龍谷大教授(島嶼(とうしょ)経済)が話してくれた。高さ90メートルほどの頂上に展望台があり、1キロ北の米軍普天間飛行場がよく見える。その奥、北西に延びる海岸は、1945年4月1日の米軍上陸地点。嘉数高台自体、沖縄戦の激戦地だった。

 南に目を転ずると、琉球王国の代表的なグスク(城)の一つ、浦添(うらそえ)城跡が見える。城壁が目立つのは、王朝初期の英祖(えいそ)王らを葬る王家の墓所「浦添ようどれ」だ。戦争で破壊され、近年復元された。1609年、琉球王国が薩摩藩に侵略された時の王、尚寧(しょうねい)王もここに眠る。

 その奥あたりに、伊波普猷(いはふゆう)(1876〜1947年)の墓がある。「沖縄学の父」と親しまれる人だ。

 松島さんが共同代表を務める琉球民族独立総合研究学会の設立趣意書の最後に「琉球民族が植民地という『苦世(にがゆー)』から脱し、独自の民族として平和・自由・平等に生きることができる『甘世(あまゆー)』を一日も早く実現させるために本学会を設立し……」とある。これは、伊波の絶筆「沖縄歴史物語」(47年)の最後の一文「……地球上で帝国主義が終りを告げる時、沖縄人は『にが世』から解放されて、『あま世』を楽しみ十分にその個性を生かして、世界の文化に貢献することが出来る……」(平凡社ライブラリー)を下敷きにしている。

 「伊波普猷10+件さんの言葉には、琉球人の琴線に触れるものがたくさんあります。琉球人の大事な部分を表現した。自分とは何者か、の問題ですね」と松島さんは言い、もう一つ挙げてくれた。初期の名著「古琉球」の自序に引用されている言葉。

 「汝(なんじ)の立つ所を深く掘れ、其処(そこ)には泉あり ニーチェ」

 伊波普猷10+件は、琉球王国が明治日本に併合された琉球処分(1879年)後を主に生き、沖縄とは何かの問題に取り組んだ。そのための学問が、沖縄の古代歌謡集「おもろさうし」研究、言語学、歴史学、民俗学などを総動員した沖縄学である。

 高良(たから)倉吉・琉球大名誉教授(琉球史)は仲井真弘多(なかいまひろかず)県政で副知事も務め、松島さんとは多くの点で水と油だ。しかし伊波への敬愛では共通する。高良さんは「伊波道場の門下生」を自任し、語りが熱い。

 「琉球処分により、今で言うアイデンティティークライシス(自己認識の危機)に陥った人々を救済する学問として登場したんです」

 その核心が「日琉同祖(にちりゅうどうそ)論」だ。沖縄は日本と源流が同じ。しかし同時に沖縄は他の地域とは違う強い歴史的・文化的な個性を持ち、それを維持しつつ日本社会の一員として誇りをもって歩もう、というものだ。沖縄のためという伊波の志、同胞への温かいまなざし、さらには文章の熱気も手伝い、今に至るまで深く沖縄に浸透する学説なのである。

 もちろん、伊波批判もある。最近では2007年、近代史研究者、伊佐眞一(いさしんいち)氏の著作「伊波普猷10+件批判序説」(影書房)が、愛郷者、自由主義者という従来の伊波像の転換を試み、論争を呼んだ。「戦時下の伊波は軍国主義に同調し、沖縄県民を無謀な戦争に駆り立てた。戦後も反省がない」という手厳しさだった。

 批判のきっかけは、米軍上陸直後の45年4月3、4日に東京新聞に掲載された論考「決戦場・沖縄本島(上・下)」の発見という。そこには戦意高揚を図って、沖縄人の奮戦を鼓舞する文言が連なっていた。

 「伊波はいきなりこれを書いたのではなく、素地があった。でも、敗戦と同時に軍国主義を批判した。戦後の研究者はそこからさかのぼり、伊波は戦時体制にくみしない民主主義的な人物だと考え、広めていった」

 ただ、伊波の全否定ではない。「『おもろさうし』など沖縄にはどこに出しても恥ずかしくないユニークな文化があり、沖縄よ、自信を持て、卑下するなと言ってくれました」。その半面、「沖縄は日本抜きでは立ち行かない」というような、日琉同祖論由来の硬直性が沖縄の選択肢を狭めていると考える。沖縄よ、独自の道を行け、とはならない。

 「伊波さんをしっかり読むと大いに力になる。反省することも学ぶこともある。非常にアンビバレント(好きだけど嫌い)ですよね。沖縄人の自己認識に与えてきた絶大な影響が、これからも沖縄を規定するのかしないのか。僕らの今後の読み方にかかっているのではないか。金科玉条でもバイブルでもないんです」

 今度は、高良さんの反論である。

 「アジア太平洋戦争の末期、多くの知識人が時局に逆らえなかった。(結果を知る)現在の高みから見て、常に時代に正確に向き合っている人物なんているんでしょうか。沖縄研究のパイオニアの伊波は、沖縄の歴史や文化像をトータルに構築しようとし、それを言い続け、引っさげて行動しました。(伊佐氏の説も)それを根底から考え直すほどの問題提起だとは、僕は思わない」

 「伊波が格闘した仕事のうち、琉球史を引き受けた」と話す高良さんは著書で、伊波の言葉「自覚しない存在は悲惨である」(「剪燈録(せんとうろく)」より)に言及し、自らの使命に重ねている。「沖縄の人間が過去や現在に向き合う時、その置かれた位置は結構複雑だ、だから緊張感をもって課題を見定めることが大事だと、伊波は言ったのだと思っています」

 そして、ここで言う伊波の課題とは「琉球民族が存続し続けること」だと、高良さんは言った。そう聞いた時、日琉同祖論が並々ならぬ奥行きを備えた思想に思えてきた。

 絶筆「沖縄歴史物語」のラスト。伊波の長い目で見た希望ではと、高良さんは考える。「沖縄がぺしゃんこになり、先の見通しも立たないが、そう書くことでなんとかペンをおくことができたのではないか」

 「あれは彼のギリギリのメッセージ。そのまま現代に当てはまるのではなく、今、みんなそのバージョンアップ(改善)をやっている。翁長(おなが)(雄志(たけし))知事も、伊佐さんも。僕もやっているつもりなんです」

 伊波普猷10+件。立場や見解の相違を超え、沖縄の人びとが自分の問題として熱く語ってしまう人物。本土では、ちょっと類例がないような存在感をもち続けてきた人物。その大きさ、魅力もまた、この地の個性というべきだと思うのだ。【伊藤和史】

==============

 ■ノートから

 ◇迫ってくる歴史

 嘉数高台公園のように、沖縄の過去と現在が生々しく迫ってくる史跡をいくつか訪ねた。

 先日、囲碁の本因坊戦七番勝負第2局が行われた那覇市の世界遺産・識名園(しきなえん)。琉球王家の別荘で、中国の使者をもてなす迎賓館でもあった。ここの高台からは東シナ海も太平洋も見えない。解説によると、案内した使者に琉球王国の国土は広いと印象づけようとした苦心の跡という。

 南部戦跡の「梯梧之塔(でいごのとう)」。沖縄戦に従軍して倒れた私立昭和高等女学校の生徒の慰霊碑だ。すぐ近くのひめゆりの塔に比べ、訪れる本土の人は格段に少ない。沖縄の人に、ぜひ行ってあげてくださいと言われた。
スポンサーサイト

<< 沖縄羅針盤への出演 | ホーム | 『沖縄の「岐路」』 >>


コメント

勇気と自信の言葉

松島さん! 最近とても感銘を受けた言葉があります。
ブルース・リーの言葉 「友よ、水になるんだ!」

ブルース・リーは武術家として最も有名でしたが、大学で哲学の講師も務めていました。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP