FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

西表島の集い

ゆいまーる琉球の自治の集い in 西表島 


現在、八重山諸島は「南の楽園」と呼ばれ、観光客、移住者が押し寄せ、リゾート、ホテル、アパートの建設が相次いでいる。

このままでは島々は外部資本に支配され、自然は無残に破壊され、住民は生活する場所を失ってしまう。外部の資本に島の運命をゆだねるのか、住民の自治によって島を守り、未来を自らの手でつくっていくのかが強く問われている。

島を自らの身体の一部のように思い、島の過去・現在・未来に対し責任をもって行動できるのは島の人間でしかない。

今こそ、島の人間が資本の暴力、開発に対して声を上げるときである。

西表島浦内では4年前に住民の反対を押し切って大規模リゾートが建設された。リゾートの汚水は地下浸透で海に流され、地元民の雇用も少なく、大量の廃棄物も排出している。当初の企業による約束は嘘であった。

それにもかかわらず、今、同じ企業は同島船浮でも土地を買い占めて高層リゾートを建設しようとしている。

観光客が島々を見捨てるまで、資本は自己増殖運動を止めない。資本が島々を食い散らすのを止めることができるのは、住民ひとりひとりによる自治的自覚と実践である。

八重山諸島にとって開発とは何か、開発によって何が失われたのか、八重山諸島における自治の実践について徹底的に討論したい。


(1) スケジュール

11月14日 
11月は天候の都合により、上原に船が到着せず、大原到着となり、約1時間かけてバスにて祖納に行くことになる可能性もあるため、余裕をもって西表島に入ること。
夕食を各自、宿にてとったのち、午後7時半より公民館にて懇親会


11月15日
朝食を各自、宿にてとる。
午前9時 公民館集合 挨拶と全体的説明

9時30分 石垣金星「八重山諸島、西表島が抱える諸問題と自治の実践」
11時から15分間休憩
15分から12時まで質疑応答

13時半まで昼食(弁当を宿にて注文するなど)
西表島、石垣島、竹富島等からの報告

それぞれ40分程度報告
15時30分より15分休憩
18時まで質疑応答
19時半より食事・交流会公民館婦人部による食事・懇親会:飲み物付きで一人3千円)


11月16日 
各自、宿にて朝食をとる
午前9時〜11時 祖納部落歴史と文化遺跡視察など(徒歩)/約2時間ほど

※公民館へ戻り全体会合/解散
八重山諸島以外からした他の参加者からの発言、次回の開催場所の決定、各種報告
12時解散

(2)宿泊所
 星砂荘 0980-85-6150 (全室を押さえました)
 西表アイランドホテル 0980-85-6001

双方とも、朝食付き、15日のみ夕食付きでご予約ください。


(3)参加料
2日間で2千円

参加者希望者は事務局(松島泰勝 matusima.hiroko@khaki.plala.or.jp

または、FAX:075-643-8510 龍谷大学経済学部松島泰勝宛て)

までに、参加日程、宿泊場所、氏名・連絡先等をご連絡ください。
スポンサーサイト



<< 上勢頭芳徳さんが龍谷大学に来ます | ホーム | 沖縄総合事務局廃止案―私は賛成します >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP