FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

維新派―呼吸機械

昨日、関西沖縄文庫の金城馨さんのお誘いで、琵琶湖長浜に特設ステージをつくった劇団、維新派の呼吸機械を見てきました。関西沖縄文庫の仲間たちも一緒でした。

午後7時開演ですが、会場外に設けられた屋台で、軽食を食べました。焚き火、ライブ、多くの人々の行き交い、小さな村の市場を思わせる、活気に満ちた場所でした。琵琶湖の冷たい風から体を温めて、いざ、会場へ。

維新派の舞台は初めてでしたが、シュールな舞台でした。音や視覚だけでなく、琵琶湖の風、など皮膚をもつかい、全身で芝居を味わいました。全体主義的な体制への抵抗、暴力への抵抗、システムや機械化された個人への抵抗、飽食時代の風刺、20世紀という現代社会が抱えた多くの矛盾が、
劇を通して体に訴えてきました。

琵琶湖の水を使い、遠景の後景をうまく活用して、琵琶湖と一体化した感覚にもなりました。私は琵琶湖の10メートル近くに住んでいますが、昨晩ほど、琵琶湖をわが身の一部とした感じたことはありませんでした。

シュールな演技でありましたが、それが現実の核心をとらえていました。想像力をかきたて、刺激しました。

金城さんが、劇をみるまえに、「この劇団と自分がいまを一緒に生きていることの幸せを感じた。頭ではなく、皮膚から喜びが伝わってくる。自由の意味を考えさせてくれる。」などとおっしゃっていましたが、その意味がわかったような気がします。

関西沖縄文庫の他のメンバーも講演後は、喜びの顔をしていたように思います。帰りの電車の中でもそれぞれが、それぞれの思い、興奮、考えを述べあいました。

人はここまで自由に表現できることも、役者の演技、声、技から学んだ気がします。演劇は2時間でしたが、その後もフラッシュバックのように思いだされます。日頃、当然のように思い、行動してることを、もう一度、他の面から見て問い直してみたいとも思いました。

言葉や現実の動きだけでなく、劇の中から、経済、生産、効率、暴力、20世紀という現代をみるのも
面白いと思います。この体験を、琉球の自治の思想、実践に活かしていきたいです。









スポンサーサイト



<< 自由権規約沖縄レポート 1 | ホーム | 上勢頭芳徳さんが龍谷大学に来ます >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP