FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

米軍再編下の沖縄における自治と財政

10月25日に京都大学吉田キャンパス 本部構内におきまして、日本財政学会第65回大会が
開催されます。

企画セッションの1つとして、「米軍再編下の沖縄における自治と財政」と題する研究集会がもたれます。



午後13:00~15:00
米軍再編下の沖縄における自治と財政

座長: 宮本憲一(大阪市立大学 名誉教授)

報告議題:沖縄の自治体財政の諸相に関する考察
-地方自治の再生と財政制度をめぐって-

報告者:只友景士(滋賀大学)

討論者:宮入興一(愛知大学)/松島泰勝(龍谷大学)/八木信一(九州大学)

報告議題:再編交付金に至る基地維持財政政策の変貌

報告者:川瀬光義(京都府立大学)

討論者:宮入興一(愛知大学)/松島泰勝(龍谷大学)/八木信一(九州大学)

報告議題:基地跡地民生転換の費用負担問題

報告者:林公則(大妻女子大学)

討論者:宮入興一(愛知大学)/松島泰勝(龍谷大学)/八木信一(九州大学)




私も討論者として参加しますが、米軍再編下において、カネによって基地を押しつけるという
国の政策が明確になるなかで、琉球側はどのような対応をとればいいのかを考えていきたいと思います。

琉球の経済、基地、自治をテーマにする学会セッションがもっと、もっと増やして、議論をさらに
活発にすべきだと考えます。


スポンサーサイト



<< 滋賀県栗東市で琉球の自治の講演と、佐渡山豊さんのコンサート | ホーム | 自由権規約沖縄レポート2 >>


コメント

平和 軍事施設

那覇空港は沖縄の玄関口として、現在に軍民共用なので、事故が起こるかもしれない。沖縄では観光が基幹産業になているからみると、完全な民間空港とする必要がある。
平和な沖縄を求めると軍事施設は沖縄の現実だ。

平和 軍事施設

平和な沖縄を求めると軍事施設は沖縄の現実。

那覇空港は沖縄の玄関口として、軍民共同使用されているので、事故が起こるかもしれない。沖縄で観光が基幹産業になっていると考えると、民間空港とする必要がある。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP