FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

「琉球の主権と独立―主権はいかに奪われ、そして、いかに取り戻すか―」

昨日、沖縄タイムスの文化面に掲載された私の文章をご紹介します。

7月16日、自公両与党は衆議院本会議において安保法案を強行採決した。自衛隊が「国軍」として集団的自衛権を有し、米軍とともに戦おうとしている。憲法学者が本法案を違憲であると指摘し、国民の大半も望んでいない中で、「戦争ができる国」に日本がなろうとしている。それは米軍基地が集中している琉球(沖縄)で日米両軍による訓練や基地機能がさらに強化され、再び戦場になる恐れが高まることを意味している。戦争を目指す日本の一部として琉球が存在することが琉球人にとって危機的状態となる。

 本シンポでは、衆議院議員の照屋寛徳氏を囲んで「琉球人の主権回復の方法」や「どのように辺野古新基地建設を阻止するのか」などについて議論をする。照屋氏はサイパン島の米軍捕虜収容所で生まれ、うるま市で育ち、弁護士になった後、国会議員となった。照屋氏は本学会の発起人として名前を連ね、学会の活動も応援して下さり、非常に心強い政治家である。

 琉球人の主権回復を求める照屋氏の活動の中でまず特筆されるのが、1981年にパラオ政府の樹立式典に、金武湾を守る会の安里清信氏等とともに参加したことである。当時人口が約1万5千人しかいないパラオが「非核憲法」を掲げて、国連の支援を得ながら独立政府を樹立した。安里氏は「パラオができるなら、沖縄もできる」と述べた。

日米両政府が琉球の民意を無視し、辺野古新基地建設や安保関連法制定を強行するなら、琉球人は自らの生命や生活を守るために、自己決定権を行使して独立すべきであると主張する人が近年、非常に増えている。

 これまで上原康助氏、糸数慶子氏など琉球選出議員が琉球の独立、琉球人や琉球国の法的地位等ついて国会質問をしてきたが、照屋氏も次のような質問をして政府をただしてきた。「琉球の帰属問題に関する国会質問」(1997年)、「ウチナーンチュの法的地位などに関する質問主意書」(2007年)、「琉球王国の歴史的事実と認識に関する質問主意書」(2015年)。

現在、日本政府は独自な民族としての琉球人や、国家として琉球王国の存在を認めていない。このような間違った認識を国会において明らかにし、人間としての琉球人の人権を守るために政府の認識を是正してきたのが照屋氏の国会議員としての功績の一つである。

 本シンポでは「戦争に突き進む安倍政権」を真正面から見据え、それに対抗する琉球人は何を考え、どうすべきなのかを参加者とともに議論し、琉球の未来を展望してみたい。
 琉球民族独立総合研究学会のオープン・シンポジウム「琉球の主権と独立―主権はいかに奪われ、そして、いかに取り戻すか―」は、26日午後2~5時(開場午後1時分)、場所は後ほどご連絡します。参加費1千円(会員、一般)、学生無料。照屋寛徳氏が基調講演。パネル討論では龍谷大学経済学部教授の松島泰勝、沖縄国際大学経済学部教授の友知政樹の両氏が登壇。問い合わせは同学会事務局、電話050(3383)2609(留守番電話対応)
スポンサーサイト

<< 今、琉球にいます。沖縄島に台風が近づいています。 | ホーム | 今日、琉球に帰国します。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP