FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

地産地消の必要性

10月16日の琉球新報に地産地消の必要性を訴えるフォーラムについての記事がありましたので、お伝えします。島内の生産と消費との関係を強くするという、地産地消の試みは琉球という島嶼社会では大変重要です。日本全体よりも沖縄県の自給率が低いという現実を克服するために、内発的発展に対する理解と実践がさらに求められていると思います。




食・農・環境フォーラム「地産地消を考える」(琉球大学農学部、琉球新報社主催)が15日、那覇市の琉球新報泉崎ホールで開かれ、約450人が来場した。

登壇者からは日本や沖縄の食料自給率が低下している現状が報告され「生産者と消費者が懸け離れている」との指摘や「生産が増える循環をつくることが大事」などの意見が出た。

 討論会では酒井一人氏(琉球大学農学部教授)内藤重之氏(同学部准教授)玉那覇純教氏(JAおきなわ経営管理委員)松苗大君(那覇高校2年)宮城愛香さん(同2年)が登壇。安田正昭氏(琉球大学農学部教授)と女優の浜美枝さんが解説を務めた。進行役は前泊博盛琉球新報論説副委員長。
 
登壇者からは日本の食料自給率が約40%と低下し、沖縄ではさらに低く、輸入や県外からの移入に頼っている状況が報告された。

 内藤氏は「生産現場と消費現場が懸け離れ、空間的にも心理的にも距離が離れており、食の安全安心を揺るがす事件、事故につながっている」と指摘した。

玉那覇氏は「地産地消を展開するには県産の増加が大きな課題」とした上で、県内の生産者の利益を上げるためには、流通経費の削減が必要との考えを示した。

 酒井氏は食物の長距離運搬が多くの燃料消費を引き起こしていることに触れ「地産地消が流通で大きくCO2排出量を減らせる」と述べた。

消費者への要望で内藤氏は「消費者が県産を選ぶようになると小売り、卸売りの取り扱いが増え、生産も増える。その循環をつくることが大事」と訴えた。




スポンサーサイト



<< 西浜さんから「沖縄通信」が届く | ホーム | 滋賀県栗東市で琉球の自治の講演と、佐渡山豊さんのコンサート >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP