FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

「海兵隊移転」を考える―グアム・沖縄の自治をめぐって(上)、戦場になる危険高く、残る米軍基地、実戦へ機能特化

「海兵隊移転」を考える―グアム・沖縄の自治をめぐって(上)、戦場になる危険高く、残る米軍基地、実戦へ機能特化

沖縄タイムス 2006年5月31日 松島泰勝


沖縄から海兵隊八千人がグアムに移設されることになった。これは沖縄にとっての負担軽減になると喧伝されている。本当にそうだろうか。

グアムでは二〇〇〇年から基地機能が増強されてきた。艦船修理施設の返還が中止になり、新たにミサイル搭載原子力潜水艦基地が設置され、地上戦闘隊や航空遠征隊が配備された。

米政府がグアムの基地機能を強化した理由は、中国や北朝鮮に対する攻撃態勢を強化するだけでなく、フィリピンやインドネシア等におけるイスラム勢力の動きを抑えるためでもあった。

二〇〇〇年、米海兵隊のジェームス・ジョーンズ総司令官は「在沖米海兵隊の訓練をグアムでもっと行うべき。グアムは移動性、戦略的にも米軍にとって重要な位置にある」と指摘した。

つまり、米政府は少なくとも六年前からグアムの戦略的重要性を認識し、在沖海兵隊の移設を受け入れる体制にあった。今回の沖縄からの海兵隊移設は一連の基地機能強化過程における総仕上げという性格をもつ。

大田昌秀前知事もグアムへの海兵隊移設を求めたが叶わなかった。ではなぜ今回、グアムへの移設が実現することになったのだろうか。それは日本政府が移設関連費用を支払うことに合意したからである。

米国は日本国内における米軍再編の過程で、グアムへの海兵隊移設を「負担軽減」として日本政府に恩を着せて、移設費用を支払わせることに成功した。

米国単独で基地やその関連施設・インフラ等を整備しようとすると膨大な費用がかかる。米国は六年間この機会を待っていたのかもしれない。

沖縄から八千人の海兵隊がいなくなっても、沖縄には新しい基地が建設され、自衛隊と米軍との共同訓練が実施される等、基地機能は低減しない。

むしろ、グアムに海兵隊の司令部機能を移し、琉球に実践部隊を残したということ、そして自衛隊との戦闘協力体制を強化したことから考えると、沖縄を戦場としてより使いやすい状態になったのであり、基地機能は飛躍的に増大するだろう。

基地機能が強化されたということは、有事の際には敵国から攻撃される可能性が高まったことを意味する。

海兵隊の司令部をグアム、実戦部隊を沖縄と分けたことで、グアムと沖縄はセットで攻撃対象になるであろう。

海兵隊の数が削減されたから負担軽減とみなすのではなく、実際に戦争になった場合、住民が戦闘に巻き込まれる可能性の高さをも考えると、とても負担の軽減とはいえない。

筆者はグアムでの生活の体験を踏まえて、二〇〇一年一月三〇日から三回にわたり、沖縄タイムス紙上においてグアムへの海兵隊移設について連載した。米国はすでにグアムの戦略的拠点化を推し進めていたことを指摘した。

しかし、東京にすむジャーナリストからは問い合わせがあったが、沖縄からの反応が大きくなかったという記憶がある。沖縄人の危機意識が薄いのではないか。

現在のグアムへの海兵隊移設は突如として沸いた事態ではない。少なくとも六年前から海兵隊移設の可能性があった。沖縄は日本、米国の大国と対峙し、従属関係におかれている。

基地の過重な負担、戦争の危険性、植民地状況から沖縄が脱するためには、両国の戦略、戦術を的確に分析し、両大国の非民主主義的、非人道的な取り扱いに対し揺るがない自らの方針を定めて対抗する必要がある。

そうしないと、両大国が一方的に決定した軍事方針に右往左往し、結局は、その方針に沖縄人が従い、敗北するという悲劇を再び招くことになる。

今回の米軍再編は沖縄の基地機能の強化である。より沖縄人が戦争に巻き込まれる怖れが高まったのである。基地建設と引き換えに実施される経済振興により、沖縄は日米への従属度をさらに深めよう。

「海兵隊移設特需」に沸くグアムも同じく基地依存経済が固定化し、米軍の支配が一段と強まろう。これからグアムと沖縄との軍事的関係は一段と緊密になるが、両島における戦争を避けるために、脱基地を求める住民同士もまた協力し合う必要があろう。

スポンサーサイト



<< 「海兵隊移転」を考える―グアム・沖縄の自治をめぐって(中)、地元の意向阻む政府、極似する押付けの構図 | ホーム | 琉球の「自治」考 5 ―新たな自治領構想、「連邦政府」樹立を、EEZ獲得も可能に >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP