FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

「ゆいまーる」とは

本ブログのコメントで「ゆいまーる」とは何ですかという質問がありましたので、お答えします。
「ゆいまーる」とは、人と人が助け合うことを意味します。琉球の島々では、村の人々が協力して、
畑仕事、家屋の建設、さまざまな作業をしてきました。互いに助け合って生活をしてきたのです。

いまでも、琉球の島々には互いに助け合って生きている人々が少なくないと思います。ただ最近は、振興開発、都市化によって、「自分さえよければいい」という経済主義的、個人主義的な人が増えていることも事実です。

私は「ゆいま-る」という互いに助け合うという、琉球人が生み出し育ててきた、生きる方法、社会発展方法を、これからも大切にすべきであると考えています。

地域の人同士だけでなく、女も男もそれぞれ市場経済の中での競争し、対立するのではなく、助け合って生きていく関係を築いていけたらと思います。


「ゆいまーる」をもっと広く考えて、人と自然やコスモロジーとの調和という意味でも使いたいと思っています。琉球には人間だけが生活しているのではなく、他の生き物もおり、また人間には見えない信仰の世界、コスモロジーもあります。

人間の短期的な利益をもとめて、振興開発によって人間以外の自然や生物を殺し、独自の信仰世界を無化してきました。「復帰」後の開発の在り方を反省し、琉球で生きるものが互いの存在をみとめて、助け合うような社会をつくる必要があるのではないかと思います。

生活の中で培われてきたゆいまーるの生き方や考え方に基づいて、島の自治を実現するのを促したい、というのがこのNPO設立の目的です。

自治とは行政、学者だけにまかせて、実現できるのではなく、一人ひとりの人間による自覚と実践が土台となるはずです。定期的に集いをひらくことで、地域が抱えている問題を「当事者意識」をもって、解決するために行動している方々からお話を伺い、互いに議論して、よりよい地域をつくるために協力しあう関係性を築きたいと思っています。


スポンサーサイト



<< 米軍再編下の沖縄における自治と財政 (日本財政学会) | ホーム | 基地依存と振興開発 >>


コメント

相互扶助

ゆいまーるの相互扶助。いいですよね。

昔、知名定男さんたちも「ゆいゆいゆい、ゆいゆいゆい、ゆいまーる」と歌ってましたね。あの曲好きです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP