FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

米軍再編下の沖縄における自治と財政 (日本財政学会)

昨日、日本財政学会が京都大学であり、米軍再編下における沖縄県の財政問題と自治についてのセッションに参加してきました。

座長の 宮本憲一先生は、40年以上、沖縄の米軍基地、自治について研究しており、復帰前は毎月のように沖縄に行かれていたそうです。先日、古本屋でみつけた、40近い前に出版された『公害』という本でも、宇井純先生と対談され、沖縄について真剣に語っておられます。

宮本先生とは、私が大学院生のころ参加した沖縄大学で開催された日本環境会議沖縄大会でお会いした以来でしたが、非常にお元気でした。

宮本先生は「振興開発費は軍事費として利用されてきた。財政によって沖縄に基地が押しつけられてきた。財政学を研究する者も沖縄に強い関心を持つ必要があると考えて、今回このようなセッションをもった。」という旨のご発言をされ、心を打たれました。

昨年は、西川潤先生が中心になって国際開発学会沖縄大会の開催を実現させ、振興開発を徹底的に議論する機会をつくりました。

内発的発展論を提唱されてきた、お二人がこのような討論の場を設け、振興開発が有する問題性を議論する機会をくださいました。我々としては、今後、さらに研究を進めて、日米政府による琉球管理・支配のための道具としての振興開発が有する問題性を明らかにしていき、内発的発展の道を切り開くための研究、活動をしなくてはと、あらためて決意する一日でした。

川瀬光義先生が「再編交付金に至る基地維持財政政策の変貌」、

只友景士先生が「沖縄の自治体財政の諸相に関する考察-地方自治の再生と財政制度をめぐって-」
林公則先生が「基地跡地民生転換の費用負担問題」と題してご報告されました。

現在の沖縄県がどのように防衛庁、内閣府沖縄担当部局により振興開発を通じて基地が非民主主義的手法によって押し付けられているのか、その背景、財政的裏付け、沖縄県の財政状況の不安定性、基地跡地利用に関する様々な問題点等も明らかになりました。

大変、勉強になりました。また、琉球の現状を打破するための研究であると考えました。

今回の学会における議論は、日米政府による琉球支配・管理の本質を明らかにするという意味で大変重要であり、研究のための研究ではなく、沖縄県が抱える諸問題をどのように打破していくかという、問題意識と当事者意識に基づいており、島に住む住民にとって役立つ研究内容であると思います。

発表された先生にはそれぞれ「怒り」を持ちながら発表されており、それも私にとっては心を打つことでした。

来年9月に今回の学会の内容を踏まえた本が出版される予定とのことです。楽しみです。

また、川瀬先生から『幻想の自治体財政改革』日本経済評論社、2007年を頂戴しました。帰りの電車の中で少し読みましたが、地域の人間の立場になった財政、自治に関するご本であり、琉球の人にとって必読の本の一つではないかと思いました。

セッションが終わった後、3人の発表された先生方とお茶を飲みにいき、琉球の自治について語り合いました。これからも京都で自治に関する研究会を開かれており、ぜひ参加して、どんどん学んでいきたいと思います。


宮本先生、川瀬先生、只友先生、林先生、このような学ぶ機会をいただき、心より感謝いたします。
スポンサーサイト



<< NPO法人「ディ!」が「『新たな公』によるコミュニティ創生支援モデル事業」に | ホーム | 「ゆいまーる」とは >>


コメント

初めて書き込みます。ちょくちょく拝見しております。また遊びにきます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP