FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

仏教と琉球独立論

下記のように今週土曜日東洋大学で行われるセミナーで講演をする予定です。仏教関係者の方々と真摯に議論し、互いに学び合えましたら幸いです。
第11回夏季セミナーのお知らせです。
下記の通り、来る8月29日(土)と30日(日)の2日間にわたりまして夏季セミナーを開催いたします。
今回は日本の将来をきめる上で現在もっとも重要な沖縄と福島からの問題提起を受けとめての研修となります。現場からのご講師として、沖縄からは松島泰勝先生、
福島からは佐藤彌右衛門先生をお招きします。
松島泰勝(まつしま・やすかつ)先生
1963年沖縄県石垣市生れ。早稲田大学政治経済学部卒。専門は島嶼経済研究。
現在龍谷大学経済学部教授。2007年「NPO法人ゆいまーる琉球の自治」を
立ち上げ代表となる。「琉球民族独立総合研究学会」の設立メンバーとして共同
代表と務める。著書に『琉球独立論』(バジリコ株式会社)、『オキナワ島嶼経済
史―12世紀から現在まで』『琉球の「自治」』(藤原書店)など。
http://ryukyujichi.blog123.fc2.com/
https://www.youtube.com/watch…
佐藤弥右衛門(さとう・やうえもん)先生
会津・喜多方の地で江戸時代より続く合資会社「大和川酒造店」の9代目社長。
2011年3月の福島第一原子力発電所事故をきっかけに、原発に頼らないエネル
ギーの地産地消をめざし、地元の自然エネルギーを利用すべく、一般社団法人
「会津自然エネルギー機構」を立ち上げて、理事に就任して活動中。
http://www.thefuturetimes.jp/archive/no05/sato/
https://www.youtube.com/watch?v=46xrCXmDH3U
貴重な研修の機会ですので、ぜひご聴講申込のほどお願い申し上げます。
また、第100回となる9月例会ですが、東洋大学学長の竹村牧男先生に御講師
をお願いして、以下の通りに開催します。
【第100回例会】
日時:9月24日(木)午後5時~7時
講師:竹村牧男先生
講題:エコ・フィロソフィとしての非情成仏思想
※終了後、白山下「あずま」にて懇親会
詳しいご案内は追っていたしますので、日程をご予定ください。
また『シリーズ日蓮』第五巻の序章で結成が予告されていた「脱原発・安保
法案廃案等をめざす「呪殺祈祷僧団〈JKS47〉」の再結成案内が届きました
ので添付します。生者エゴイズムを糾弾して、死者との共存・共生・共闘を
唱えた上原專祿の理念を受け継いでの再結成です。御参照下さい。
スポンサーサイト

<< 深層心理学と琉球 | ホーム | グアムからマイケル・ベバクアさんを迎えて >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP