FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

石垣島の新石垣空港建設反対運動

10月31日の八重山毎日新聞に、新石垣空港建設反対運動についての記事が掲載されていましたので、お伝えします。本当に、新空港が必要なのか。島の宝が建設によって失われる恐れが大きいです。一度失ったものを取り戻すことはほとんど不可能です。

米軍基地と同じように強制収用で土地を奪い、無理やり島に開発という暴力がさらに広がろうとしています。市長の代理署名は、かつて、大田沖縄県知事の代理署名を思い起こさせます。

「石垣島白保に空港をつくらせない大阪の会」の栄篤志代表には、昨年、大阪で開かれた学習会でお会いしたことがあります。奄美諸島のご出身で、三線がうまい方であり、信念の人だと思いました。



新石垣空港の計画地内で700人余りの反対地主が共有している土地2筆合わせて1557平方メートルの強制収用に向けて、県は30日午後、この土地の測量を行った。

現地では共有地主9人が抗議行動を行い、「測量調査を断念し、ただちに引きあげていただくよう要請する」とした文書を県に手渡した。

土地収用法に基づく土地の強制収用では、国の事業認定から1年以内に県収用委員会に収用を申請しなければならない。

 県は8月27日付で、新空港建設に必要な土地を同法によって取得することを認める事業認定を国から受けており、来年8月までに申請を行うことになる。

申請から収用までは1年程度かかることが多いという。県は新年度にこの土地を取得したい意向。申請に向けた作業を急ぐ。
 県は今月9日付で立入通知書を反対地主に送付し、測量の日時を伝えた。

今後、▽今回の測量に基づく地積測量図を含む土地物件調書の作成▽地主らに土地物件調書への署名や押印を求める▽補償金の算定などの手続きを経て、申請する。

地主が土地物件調書への署名や押印を拒んだ場合には、石垣市長に代理の署名と押印を求める。


強制収用に向けた作業について、「石垣島白保に空港をつくらせない大阪の会」の栄篤志代表(64)は「この空港は本当に必要なのか。県は行政の法的な手続きだけを行い、協力を強要している」と強く反発している。

現地では、県職員や測量業者ら合わせて40人近くが午後1時半ごろ、待機していた反対地主らに調査の開始について説明を始めた。

地主らは「協力できない。お引き取り下さい」などと拒否し、栄代表が八重山支庁新石垣空港建設課の比嘉定利用地総括に測量の断念を要求する文書を手渡した。

このあと、午後1時45分ごろ、県側が測量調査の開始を宣言し、測量業者が作業を始めた。反対地主は作業員に、調査をやめるよう再三話しかけたが、測量は続き、約40分で終わった。
スポンサーサイト



<< 琉球民族は日本の先住民族と国連が認める | ホーム | NPO法人「ディ!」が「『新たな公』によるコミュニティ創生支援モデル事業」に >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP