FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

「同一苦」「呪殺祈祷僧団」

昨日は東洋大学において本化ネットワーク研究会第11回夏期セミナーに参加し、日蓮教学における「同一苦」の意味を学びました。「オキナワとフクシマが幸せにならないと自分も幸せになれない」という日本人の思いが日蓮教学の中でどのように位置づけられているかを研究者、社会実践をされている僧侶が報告されました。『現世を仏国土にする」「一切衆生との同一苦」「末法の世の中を変えるために国を諌めて闘う」という日蓮の教えを現代の宗教者がどのように実現するのかということについても真摯な議論が行われました。

また経産省前で反原発の抗議活動を行った「呪殺祈祷僧団」のリーダーをされている方から、上原専禄の「死者との共闘」という考え方を踏まえた、その名称の意味、活動の意義について話しを聞くことができました。大量死時代の近代化社会のにおいて、死者から発せられる声を受けとめて、悪を現世にもたらしている企業を告発するという目的で40年ぶりに再結成されました。

今日は、福島で原発に依存しないために自らで発電所を建設された佐藤さんのお話を伺います。また琉球がなぜ植民地になったのか、脱植民地のためになぜ独立が最も有効なのか、独立は日本、日本人にとって何を意味するのかを報告し、参加者の方と議論をします。
スポンサーサイト

<< 会津電力によるエネルギーの地産地消運動 | ホーム | 苦杯からの解放をめざして-琉球独立という道 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP