FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

栗東市での集い

3日の栗東市での講演、コンサートには、会場200席が一杯になるほどの盛況となりました。

会場入り口には沖縄戦、基地問題、環境問題についてのパネルが展示されていました。
滋賀沖縄県人会、沖縄館主催の高間さんを中心とする県人会の皆さんによる、琉球音楽の演奏から始まりました。皆さん、琉球衣装を着て大人も子供も三線を演奏し、唄っていました。

そのあと、1時間、私が「琉球の自治」と題して話をしました。戦時中における集団死の問題、琉球と日本との関係性、基地と経済との関係、先住民族であることの意味、NPO法人ゆいまーる琉球の自治の活動内容等について、わかりやすく話しました。私の言葉によって、少しでも琉球の自治を分かってほしいという気持ちで、心をこめて語りました。

そのあと、佐渡山豊さんとswing MASAさんの演奏と唄となりました。佐渡山さんの歌は、MASAさんのサックスフォンと一体化して、人の感情の盛り上がりが音によって表現されていました。歌の一つ一つに琉球の歴史の一コマ、一コマが立ち上がるようでした。

会場も一体化し、楽しいひと時でした。

今回のイベントは、滋賀沖縄県人会と、関西のトラック運転手、生コン関係の労働組合が協力して開催いたしました。労働組合の方々は、特に琉球の集団死問題に強い関心を持ち、関西においても活発に運動を展開したいと言っており、会場でも集団死問題に関する署名を集めておりました。

会場の外では、関西沖縄文庫の金城さんと新城さんが、『人類館』『琉球の「自治」』等の書籍、佐渡山さんのCDを売っておりました。

イベントが終わり、交流会では来場者と話をしました。佐渡山さんが2日前に奈良でコンサートをした時に、最近、若い沖縄出身者が「沖縄出身」という理由で就職が断られたという話が忘れられません。今の時代においてもまだ琉球人に対する個人的差別が歴然と存在しているのです。

MASAさんはニューヨークのハーレムに住んでいますが、住んでいても何も怖くなく、安全だそうです。黒人を差別する人が「怖い」というイメージをもち、街全体がそのように語られている。同和地区出身の方も、自分たちの地区は何も怖くないが、差別の目線がそのような幻想を生んでいると語られていました。

栗東市での集いでは、いろんな方との出会いがあり、充実した一日でした。

関係者の皆様、お疲れ様でした。お世話になりありがとうございました。





スポンサーサイト



<< 港大尋さんの琉球ツアー2008、11月から始まる | ホーム | 栗東市での講演とコンサートの集い >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP