FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球とも関係が深い福州での研究会

明日、福州市で開催される琉球に関する多角的な観点からの研究報告会が開催されます。非常に興味深い報告ばかりであり、私も学びたいと思います。林先生にも久しぶりにお会いするのを楽しみにしております。

(1)福建師範大學閩臺區域研究中心主任謝必震教授,報告題目:《歷史的心結:琉球問題與中日關係》(歷史の葛藤:琉球問題と中日関係)
(2)福建師範大學閩臺區域研究中心徐斌研究員,報告題目:《琉球國興盛對今日東亞國際秩序的啟示》〈琉球国隆盛の歴史は今日東アジア国際秩序への示唆〉
(3)日本沖繩縣立藝術大學麻生伸一講師,報告題目:「近世琉球における外交と技術~書法、嗩吶、包丁を中心として~」(近世琉球之外交與技術:以書法、嗩吶、菜刀為中心)
(4)南開大學外語學院(外教)山城智史,報告題目:琉球案件與井上馨外務卿的外交策略」(琉球処分と井上馨外務卿の外交策略)
(5)福建師範大學閩臺區域研究中心吳巍巍研究員,報告題目:《儒家思想的影響讓中國兩度喪失琉球》(儒家思想の影響による中国2度の琉球喪失)
(6)與會學者討論
3、下午14:30至17:30與會嘉賓發言時間,發言順序以序號為准,16:20茶歇15分鐘
(1)臺灣中央研究院近代史研究所林泉忠副研究員,報告題目:「近现代琉球·冲绳独立运动略史」(近現代史琉球獨立運動小史1875-2015)
(2)龍谷大學經濟學部松島泰勝教授,報告題目:「東アジアの中の琉球經濟ー植民地經濟から自立經濟へ」(東亞視角下的琉球經濟--從殖民地經濟邁向自立經濟)
(3)復旦大學國際關係學院包霞琴教授,報告題目:「美日同盟下的琉球問題」(米日同盟下の琉球問題)
(4)福建師範大學閩臺區域研究中心陳碩炫研究員,報告題目:《福建與沖繩友好關係發展之展望》〈福建と沖縄友好關係発展の展望)
(5)中國社會科學院王鍵教授,報告題目:「東亞視角下琉球研究的歷史意義與現實價值」(東アジア視点による琉球研究歴史的意味と現実的価値)
(6)與會學者討論
(三)會議總結:
中國日本史學會名譽會長,中國社會科學院教授、博士生導師湯重南
スポンサーサイト

<< 民際交流の大切さ | ホーム | “多元視角下的琉球研究學術研討會” >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP