FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

NYで琉球独立を議論する

一昨日はNYについて最初の晩に、今回のシンポを支援して下さっている台湾や香港出身の方々と食事会をしました。NYで医者、ビジネスをされている方々であり、現在はアジア太平洋地域における人権問題啓発活動のNGOを運営されています。琉球に対する厚い思いを語り合いました。

昨日は、NY市内で26、27日のシンポに関する記者会見をしました。平イリノイ大学名誉教授、国吉北米沖縄県人会会長とも一緒に記者会見に臨みました。各参加者がシンポの意義、各人の発表の概要等を話しました。NY市内やその近郊にお住まいの方は是非、26日、27日のシンポにお越し下さい。

平先生の琉球独立に関する論文は私が学生の頃、読ませて頂き、これまで多くのことを学ばせて頂きました。40年以上前から琉球独立を主張し、学問として研究されている先生とこの度、一緒にシンポに参加できますことは私にとって大変、名誉なことです。宮古島の大先輩からNYで多くのことを学びたいです。

友知さんが琉球から多くの地元新聞を持ってきてくれました。それを記者の皆さんに御見せすると皆、びっくりし、大変関心を寄せていました。翁長さんが国連欧州本部で演説をしたように、私達も国連本部において脱植民地化、脱軍事基地化、独立を主張したいと考えています。

昨晩の夕食会に参加された朱さんは台湾の出身で現在NYに住んでいますが、かつて沖縄島の中西小学校、浦添小学校で学んだことがあります。友知さんと同じ小学、中学であり、先輩、後輩の関係にあり、互いに大変喜んでいました。お姉様は琉球人と結婚され、琉球で中国語を教えているそうです。世界は狭いと思いました。

台湾と琉球の大先輩が「琉球独立」のワッペンを胸に付けて下さり、大変嬉しくなりました。
スポンサーサイト

<< ニューヨークで琉球独立を議論することの意味 | ホーム | ゼミ旅行から学んだこと >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP