FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ニューヨークで琉球独立を議論することの意味

最初にケビンさんが、NYで琉球独立を議論することの重要性について話されました。今日は、ニューヨーク大学でフォーラムを開きます。お近くの方はどうぞご参加下さい。今日はマハッタン島に移動します。

最初に友知さんが琉球独立総合研究学会の活動内容とその意義について報告しました。設立して2年間の学術活動、社会活動を振り返りながら、今後の活動の方向性について考えました。現在の会員数は約320人と着実に増えています。来月石垣島で行われる学会の総会、大会、オープンシンポジウムでの今回のNYでの議論について報告する予定です。

次に私が琉球独立の根拠とその方法について報告しました。昨日は主に琉球人関係者中心のフォーラムであったので、各パネラーは日本語で報告しましたが、今日は、英語で報告、議論をします。会終了後の交流会でも、会場参加者と意見交換をすることができました。その中には、本学会の活動を応援するために、NYにおいて寄付活動を行いたいという方もおられました。

その次に左側に写られている島袋さんが報告されました。島袋さんが東大博士課程で学んでいる時から、彼女の活躍を聞いており、私が編集責任をしていた雑誌に寄稿を御願いしたことがありました。実際にお会いするのは昨日が初めてでした。琉球に関する概念、思想を表現する言葉の意味を追いながら、自分の頭の中で新たな琉球像が立ち上がるような、大変、刺激的な報告でした。報告者と聞き手との対話を重視する双方向の関係性を踏まえた報告であり、良かったです。真ん中の江田さんは在日コリアンの方であり、在米コリアンとの交流を通じて自らのアイデンティティを発見し、在米、在日のコリアンを結ぶ研究と社会活動を精力的にされています。今後のさらなる活躍が期待されます。

国吉さんは、那覇生まれで、九州大学やUCLAで学んだ後、米政府に就職し、基地の環境問題に関する仕事を長くされてきました。在米軍事基地や嘉手納基地での環境汚染問題の仕事を通じて、日本、琉球にある米軍基地内の環境汚染処理が多くの問題を抱えていることが明らかになったと報告されました。同じく、サムさんの家でホームステイしており、ベランダで国吉さんと話し機会も多く、在米県人会活動、アメリカでの生活等についても教えて下さり、有り難いです。

最後に平先生が、戦後の琉球を時系列的に、国際法の条文、米国民政府の布令等を引用しながら、琉球独立の意味について報告されました。特にコソボにおける独立宣言が無効であるとセルビア側が国際司法裁判所に訴えたにもかかわらず、同裁判所が独立宣言が有効であることを国際法に基づいて判決を下したことと、琉球独立と関係させながら話されたことが印象に残りました。民族の自己決定権という概念を実際の国際法の条文に照らし合わせながら、その効力を具体的に話されました。私の研究や社会活動についても言及して下さり、あらためて励まされました。

フォーラム会場の外でパネラー、支援者、来場者で最後までおられた方々で記念撮影をしました。私の琉球独立に関する研究においても大きな意味を持つ一日でした。

今日はマハッタン島に行きます。遠方に見えているのが高層ビルが立ち並ぶ同島です。私の専門は島嶼経済ですが、この島は世界で最も経済的に成長し続けている島ではないでしょうか。今日はこの島にあるニューヨーク大学で琉球独立を議論します。
スポンサーサイト

<< 国連本部前で琉球の脱植民地化を訴える | ホーム | NYで琉球独立を議論する >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP