FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

国連本部前で琉球の脱植民地化を訴える

昨日は、友知さんと国連本部前に行き、琉球独立を主張してきました。国連本部周辺は総会がひらかれていたこともあり、なかなか近くに近付けなかったのですが、近くに住む琉球人女性のご案内で各国の旗が見える場所で、アピールすることができました。琉球独立を国連本部前で宣言しました。先日のフォーラムでは国連に提出するポジションペーパーを報告しました。

ニューヨークの町中を歩きました。様々な民族が歩き、多様性と自由の空気を感じました。音、におい、人の顔、歩くスピード等、私の皮膚が痛くなるほど、時が早く流れるのを感じました。大変、刺激的な街です。

昨晩は、最初にグランドセントラルと呼ばれる駅で3人の琉球人とともに語らいました。30年以上、この街で働き、会社を経営してきたスーザンさんから、在NYの琉球人としての視点から、現在や将来の琉球についての意見や、斬新なアイデアを伺いました。照屋勇賢さんからも、同地でアート活動しながら考える、琉球がもっとこんなふうにあったらいいなという御提言が刺激的でした。沖縄県庁、沖縄コンベンションビューロー等は、世界で活躍する琉球人からも意見を積極的に聞いて、「アジアの中の琉球」としてのステータスを自らの手で作るべきではないでしょうか。その後、ビルのテラスにあるレストランで、街の様々な音を聞き、においをかぎながら、ニューヨークで琉球を熱く語り合いました。

昨日は、自由を女神を見て、琉球独立を考えました。アメリカがイギリスから独立して100年になったことを記念し、独立運動を支援したフランス人から贈呈されました。1886年に完成しました。右手には松明、左手にはアメリカが独立した1776年7月4日」と、フランス革命勃発の日の1789年7月14日の文字が刻まれた銘板を持ち、足は鎖と足かせを踏みつけています。琉球独立と重ね合わせながら自由の女神を見ました。

スポンサーサイト

<< アメリカの独立を考える | ホーム | ニューヨークで琉球独立を議論することの意味 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP