FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

LAの中の琉球、琉球人

一昨日はLAにおすまいの島袋さん、金城さんとバーベキューをごちそうになりながら、じっくりと話ができて大変良かったです。心よりお礼申し上げます。昨日は、豊見城出身のチーカーさんとLAの日系アメリカ人博物館において強制収容所の歴史を学び、リトル東京周辺を歩きました。またハリウッド、チャイナシアター、チチャードニクソン博物館、ビーチ等に行き、LAの歴史、生活、文化などについてチーカーさんからお話を聞きました。夕方は、ハブヤという琉球居酒屋で交流会をし、琉球人2世、コリアン系アメリカ人、琉球人1世等と交流をしました。ここの居酒屋の壁には多くの琉球のモノが張られており、琉球に対する強い愛を感じました。料理も美味しかったです。

LAの街中を車で走っていると、ハッとするような斬新なデザインの建物に出会うことができます。自由な発想が溢れています。それがハリウッドの映画作りの創造性にも反映されているのでしょう。

LAで生まれたリチャード・ニクソン大統領の博物館に行きました。「復帰」交渉に係った米大統領であるニクソンから多くのことを学びたいです。彼にゆかりのあるものを見ました。

LAにある唯一の琉球居酒屋のハブ屋に行きました。琉球生まれのオーナーである真由美さんは芸術家でもあり、手作りの絵を頂戴しました。娘さんは大学で歴史を学んでおり、英語で書かれている琉球の本として大田昌秀先生やE・H・カーの本をご紹介しました。LAで琉球について熱く話し合いました。
お店の全体に琉球のモノが溢れており、琉球に対する強い愛を感じました。


那覇市生まれの国吉さんは九州大学を卒業され、UCLAの修士課程、博士課程を修了し学位を取られました。母校をご案内して下さいました。図書館は24時間オープンで、図書室には学生が思い思いの形で勉強しており、私語はまったくありませんでした。PC室でも学生が立ちながら、座りながら画面に真剣に顔面に向っていました。長椅子でも学生が仮眠をとっており、図書館で住みながら論文などをまとめているのだなと想像しました。私の大学、大学院時代を思い出しました。
スポンサーサイト

<< 琉球人の正義回復運動 | ホーム | アメリカの独立を考える >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP