FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球人の正義回復運動

弁護士で、LAカウンティの人間関係委員会事務局長をされているロビン・トーマさんにインタビューをしました。トーマさんは琉球人2世です。南米の琉球人が米国の強制収容所に入れられたことに対して米政府を連邦裁判所に訴えて、謝罪、賠償金等を勝ち取った方です。琉球の正義回復のために国際人権機関や裁判所をどのように活用できるのかについてアドバイスを受けました。ロビンさんも国吉さんと同じくUCLAの卒業生です。世界中を駆け巡って南米系琉球人の戦時中の不正義を糾して下さいました。その行動力に大変励まされました。

北米沖縄県人会事務所に掲示されていた写真です。戦前に多くの琉球人たたいが正装して、ピクニックをしているようです。今年の10月4日も県人会で空手、太鼓、三線、バザーなどの集まりをもちました。このような集まりで互いの親睦を暖め、男女も出会ったのでしょう。アメリカにおける琉球人のたくましさが伝わってきます。
スポンサーサイト

<< 琉球スピリッツ | ホーム | LAの中の琉球、琉球人 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP